ページの先頭です

Building the future with you

一週間のスケジュール

お客さまのグローバル戦略を共に実現させる仕事

私が所属する直投支援部では、お客さまの海外進出に際した各種アドバイザリー業務を行っています。アドバイザリー業務とは、お客さまの海外進出等のサポートを目的に、市場調査、企業調査、現地法人設立に関するサポート、アライアンス(資本提携・業務提携)サポート、統括会社設立に関するサポート等を行うもので、このようなアドバイザリー機能を発揮する当部は、社内でも特色のある部署の一つです。その中で私は、オセアニア地域と、最近目覚ましく発展を遂げている大メコン経済圏(タイ、ベトナム、ミャンマー、ラオス、カンボジアといったメコン河一帯の地域)におけるアドバイザリーに関わる業務を担当しております。

海外進出支援の業務においては確かな知識はもちろんですが、真のニーズを把握する力と、海外進出実現に向けての関係者との調整力が必要となります。これだけグローバル化が進んでいる昨今、海外進出はもはや当然のことであり、すでにグローバルに事業展開しているお客さまも珍しくありません。そのようなお客さまが求めているのは、現地に関する情報や知識だけではないのです。

現在の部署に異動してきた直後のこと、あるお客さまの大規模なベトナム工場設立プロジェクトに関するアドバイザリーを担当しました。異動してきたばかりということもあり、現地のことに関してはお客さまの方が知識も経験も豊富という状況で、自分がどのような役割を果たすべきか試行錯誤していました。考えた末にまず私が取り組んだのは、課題やニーズを明確化することでした。大きなプロジェクトになるほど解決すべき課題や関係者が多くなり、案件の真の課題やニーズが見えにくくなってしまうものなのです。

そこでこの案件に関する過去資料を読み込み、お客さまからも丁寧に話を伺いながら、取り組むべきことを明確化しました。その上で上司の指導も受けながら、<みずほ>のべトナム拠点とも緊密に連絡を取り合いつつ、工場設立に向け一つひとつ課題解決に取り組みました。すると、徐々にお客さまから頼りにされるようになり、気づいた時には自分もお客さまの進出プロジェクトの一員になったような感覚で案件に取り組んでいました。最終的にこのアドバイザリーが無事にクローズし、現地で工場の建設工事が無事始まった際には、自分のことのように嬉しく思いました。

海外子会社の設立は「第二の創業」とも言われるように、海外戦略はお客さまにとって重要な事業戦略の一つであり、そのような案件にお客さまと一体となって取り組めることにやりがいを感じます。

  • 写真

全世界のネットワークを駆使して質の高いアドバイザリーを提供

アドバイザリーはオーダーメイドで提供するものですので、我々が提供するアドバイザリーの内容によって、お客さまの海外展開を左右してしまう可能性もあります。加えて、特に目覚ましく発展を遂げている大メコン経済圏は、経済環境の変化や各国の法規制などの変更が頻繁にあるので、常に情報を最新のものにアップデートしておく必要があります。

そのために大切なのが人脈です。質の高いアドバイザリーを行うには、全世界にいる<みずほ>の社員や、各国の弁護士や税理士、コンサルティング会社などと連携する必要があります。例えば、タイに工場を設立しそこで生産した製品をアセアン域内の第三国で販売する、という案件では、タイ工場の設立サポートだけではなく、タイから販売先となる第三国までの物流、同国での販売網の構築などの各サポートを、それぞれの地域の<みずほ>拠点や専門家と連携しながら行います。もはや国内・国外といった枠を超えたグローバルビジネスが当たり前となっており、世界はつながっているということを改めて実感します。

将来的には現在の仕事の経験や人脈を生かし、自分自身も海外へ赴任して、現地の立場から日系企業の進出サポートを行っていきたいと思っています。

一週間のスケジュール

一週間のスケジュール

月曜日
ミーティング
担当している案件について海外拠点も交えた電話会議。
午後は社外の調査会社と打ち合わせし、調査の進捗状況を確認。
火曜日
福岡へ出張
市場調査のアドバイザリー契約を締結中の福岡のお客さまを訪問。
調査結果をまとめた最終報告を実施。
水曜日
調査報告資料の作成
午前中は、担当している新規案件の資料を作成。
午後は明日からの出張に備え、社内で最終確認の打ち合わせを実施。
木曜日
ベトナム出張
お客さまとベトナム出張。工場建設候補地として事前にピックアップした工業団地を視察。
金曜日
ベトナム出張
現地の弁護士と面談。工場設立にあたっての最新の法規制や手続き、現地慣習等の確認。空き時間には、別案件で取り扱う予定の現地小売市場について情報収集。
土曜日
帰国
帰宅し、出張の疲れをとる。出張のない週は、語学の勉強や社内外のセミナーに参加するなど自己啓発の時間にあてる。
日曜日
休日
友人との食事や買い物、運動などで気分転換。
休日にリフレッシュすることで、明日からの英気を養う。
PAGE TOP
Copyright (c) Mizuho Financial Group, Inc. All Rights Reserved.