ページの先頭です

Building the future with you

一日のスケジュール

「お金」という共通概念を通じて、世界中と繋がりたい

私は中学2年生の時に半年間イギリスへ留学した経験から海外に強く興味を持ちました。その後、海外旅行で訪れたエジプトのとある小さな村にて銀行を発見した時、このような小さな村でも銀行があり、「お金」という共通概念を通じて世界が繋がっている、と感じたことが銀行を選んだきっかけです。特に<みずほ>では、国際部門を中心に、特定職として語学力を活かせる業務分野が数多くあることを知り、入社を決意しました。

私が配属された国際業務部では、<みずほ>の国際ビジネスに関する戦略の立案、海外拠点のサポート等<みずほ>の国際ビジネスに関するさまざまな業務を行っています。経済のグローバル化進展に伴い、<みずほ>における国際ビジネスの位置付けはますます重要となってきており、そのようなビジネスに関わっていることに喜びを感じています。海外拠点のサポートを行うために、英語を使って外国人現地スタッフと電話やメールでコンタクトを取ることも多く、世界中と繋がっていることを肌で感じられる仕事です。

その中で私は、主に海外拠点が新たなお客さまとの取引に繋がる有効な営業情報を提供する業務を行っています。日本企業は、近年海外、特にアジアへ積極的に進出しており、それらの地域において進出した企業と<みずほ>が繋がりを持つことができるように、新聞記事や国内の他部署等さまざまなリソースから有効な情報を入手し、海外拠点に発信することを心がけています。世界中の海外拠点は勿論、多岐に亘る国内の部署と関わりを持って仕事をすることから、関係者との調整がとても大変ですが、それゆえにやりがいを感じています。

  • 写真

感謝の言葉が仕事の励みに

「海外拠点、そしてその先にあるお客さまのために何ができるか」、そのことを常に心がけて日々の業務に取り組んでいます。現在の部署はお客さまと直接会って交渉することはなく、お客さまから直接感謝のお言葉をいただくことはありません。その代わりに、海外拠点の方々が私達を頼ってご照会・ご相談をしてくださり、その際に感謝の言葉をいただくと、仕事の励みになります。現在新入社員の指導員をしていますが、新入社員にも必ずその心がけを伝えるようにしています。

現在は海外拠点をサポートする業務に加え、部内全体の業務プロセスの見直し、効率化に向けた取り組みを積極的に提案しており、より良い<みずほ>を築いていくことに少しでも貢献していきたいと考えております。実際に自身の提案が採用されて、部内全体の業務の効率化に繋がっただけでなく、海外拠点の業務の効率化にも繋がり、そのことがお客さまのために割ける時間を増やすことに繋がったので、<みずほ>全体に貢献できたことに喜びを感じました。

今後は、海外拠点の新規開設に関わる業務にも携わり、<みずほ>と世界との繋がりを更に深くすることに貢献したいと思っています。また、将来的には国内の他の部署や海外拠点の業務を知る・経験する機会を持ち、よりさまざまな方々と繋がりを持ちたいと思っています。

一日のスケジュール

一日のスケジュール

8時20分
出社
メールチェック、To Doリストを見て業務の優先順位の再確認を行う
8時40分
朝礼
毎週月曜日の「みずほニュース」が各部のテレビで流れるので観覧
みずほ銀行の経営方針・ニュース、支店情報、最新CM等を確認
8時50分
報告確認業務
海外拠点からお客さまとの新規取引開始に関する報告が上がってくるので、内容を確認
時差の関係上、午前中は主に米州地域を優先的に対応
10時00分
ミーティング
室内スタッフ全員でミーティングを実施し、スケジュール確認・周知徹底を行う
12時00分
昼食
食堂が2つ備え付けられており、その日の気分に応じて食堂を選択
13時00分
報告確認業務
午後からはアジア・欧州の拠点の報告内容を確認
14時00分
PC研修
部内のパソコン(エクセルの関数等)スキル研修に参加
常に、日々業務の役に立つスキルが盛り込まれているので、その日のうちに業務に活かせる!
15時00分
営業情報の発信
お客さまとの新規取引に繋がる営業情報を海外拠点に発信
海外の現地外国人スタッフと電話またはメールにて連絡
17時00分
勉強会
本部事務(国際部門)業務に関する勉強会を実施。日々の業務の意味や重要性を学ぶ。
18時00分
退社
学生時代からの友達と食事に行くことが多く、新鮮な情報を吸収
職場の同僚と定期的に皇居ランを行い、リフレッシュに努める
PAGE TOP
Copyright (c) Mizuho Financial Group, Inc. All Rights Reserved.