ページの先頭です

Building the future with you

ジョブ公募 帯向 恵理香 Job Posting

ジョブ公募

「リテールの世界でトップを目指したい」

2010年入社 | 帯向 恵理香Erika Obinata

「ジョブ公募制度」に応募した理由

写真

私は2010年に基幹職(専門)CRコースとして入社しましたが、CRコースを選んだ理由は、リテールのお客さまの方がより一層“<みずほ>”ではなく、“私自身”の力量が試されると感じたからです。そのため、お客さまとの取引がどれだけ深まるかも自分次第だと考えています。
入社して最初の配属は都内のオフィス街の支店で、投資経験の豊富な富裕層のお客さまも担当させていただき、主に資産運用のご提案を行っていました。しかし、当時の私は知識も経験も浅く、時にはお客さまからの突っ込んだ質問に答えられず、不甲斐なく感じることもありました。貯蓄から投資への流れが加速する中で、資産運用の必要性は益々増加していくと思い、その中でお客さまにもっとご満足いただくためには、さらなる知識を備える必要があると強く感じていました。

そんなタイミングで、ジョブ公募制度の中に「証券トレーニー」があることを知り、資産運用業務の歴史が長い証券会社に身を置くことで、銀行とは異なるマーケット感覚や証券会社ならではのセールスノウハウを身に付けられるとの思いから、応募することにしました。
トレーニー期間中は、株式・債券・投信等に関わる基礎知識の習得をはじめ、株価変動時のお客さま対応実務、テクニカルアナリストによる株式の分析とそれを踏まえたシミュレーションの作成、各種商品開発部門での研修、また実際にみずほ証券の担当者とともにお客さまを訪問するOJTなどを行い、非常に密度の濃い3カ月となります。このトレーニーを通じて、例えば、国内株式の相場説明ひとつをとっても、単純な上昇・下落だけではなく、具体的な数値を用いた根拠のある説明や、社会・経済・政治などのさまざまな事象を他の事象とリンクさせた視野の広い説明ができるようになりました。今後、みずほ銀行の支店に戻った際には、ここで習得した知識を活用して、FCとしてお客さまにご満足いただけるご案内をしていきたいと思います。
*取材当時はトレーニーとして出向中

リテールの世界でトップを目指したい

写真

企業のお客さまであれば、会計基準や商法、会社法など、どの企業も一定のルールに従って経営されており、また企業規模や業種、業界地位などに応じて共通の事業課題といったものも存在すると思います。しかしながら、このリテールの世界においては、お客さまの不安や解決すべき課題は、お一人おひとり異なります。例えばお客さまによって現預金、株式、投資信託、保険、不動産とお持ちの資産はさまざまで、年齢や家族構成などによっても増やす、遺す、時には借りるなどニーズは異なってきます。また企業オーナーであれば経営している会社のことについて課題や不安を抱えていらっしゃるお客さまもいます。
そのため、今回のトレーニー経験で習得した、運用提案の知識やノウハウのさらなるレベルアップはもちろんですが、相続や会社経営に関する知識も吸収し、提案の幅をどんどん広げていきたいと思っています。そして将来は、<みずほ>の中でも限られた存在であるプライベートバンカーも目指したいと思っています。一人でも多くのお客さまから「担当が帯向さんで良かった」とおっしゃっていただけるよう、これからも頑張っていきたいです。

「公募制度利用者の声」トップに戻る

Copyright (c) Mizuho Financial Group, Inc. All Rights Reserved.