ページの先頭です

このウィンドウを閉じる

各位

会社名 株式会社みずほフィナンシャルグループ
代表者名 取締役社長 佐藤 康博
本店所在地 東京都千代田区大手町一丁目5番5号
コード番号 8411(東証第一部)

定款の一部変更に関するお知らせ

当社は、本日開催の取締役会において、第12期定時株主総会(以下、「本総会」)に、「定款一部変更の件」を付議することを決議いたしましたので、下記のとおりお知らせいたします。

1.定款変更の目的

当社は、執行に対する取締役会の監督機能の強化と経営のプロセスの透明性向上によるコーポレート・ガバナンスの一層の強化および意思決定の迅速化による経営の機動性向上を企図し、委員会設置会社に移行することとしたいと存じます。これに伴い、委員会や執行役の規定の追加、監査役や監査役会に係る規定の削除、取締役や取締役会に係る規定の変更等、所要の変更を行うものです。

また、委員会設置会社への移行に伴い、取締役の任期を現行の2年から1年に短縮することと併せ、株主の皆さまへの利益還元や資本政策を機動的に遂行できるよう、剰余金の配当等会社法第459条第1項各号に定める事項を株主総会の決議によることなく取締役会の決議によって定める旨の規定を新設するとともに、これに伴い、所要の変更を行うものです。

加えて、平成25年7月11日付で第十三回第十三種優先株式の全部を取得および消却いたしましたので、発行可能株式総数および第十三種優先株式に係る発行可能種類株式総数を減ずるとともに、所要の変更を行うものです。

あわせて、意思決定の迅速化による経営の機動性向上の観点から、会社法第370条に基づき、書面または電磁的記録による取締役全員の同意があれば取締役会を開催せずに取締役会の決議があったものとみなすことを可能とする規定を新設するものです。

なお、本議案における定款変更については、本総会終結の時をもって効力を発生するものとします。

2.定款変更の内容

定款変更の具体的な内容については、別紙(PDF/153KB)PDFのとおりであります。

3.日程

定款一部変更のための定時株主総会開催日 平成26年6月24日(予定)

以上

この文書は、「定款一部変更に関するお知らせ」に関して一般に公表するために作成されたものであり、日本国内外を問わず一切の投資勧誘またはそれに類する行為のために作成されたものではございません。

ページの先頭へ
ページの先頭へ