ページの先頭です

このウィンドウを閉じる

2006年2月16日

株式会社みずほフィナンシャルグループ

マレーシア工業開発庁との業務協力覚書調印について

みずほフィナンシャルグループ(みずほ銀行・みずほコーポ-レート銀行)は、2月16日マレーシア工業開発庁(以下、MIDA)との間で日系企業進出支援に関する業務協力覚書に調印いたしました。

1.業務協力覚書の骨子

  1. (1)日系企業進出、誘致に関する相互協力
  2. (2)中小企業を含む日系企業相談会等の共催
  3. (3)日系企業に対するマレーシア側パートナーの選定、諸手続のサポート

2.覚書締結の狙い

  1. (1)MIDAは、マレーシアにおける工業発展の促進と調整を担うマレーシア政府国際通商産業省傘下の主要機関で、外国からの投資促進強化を図るため日本の東京、大阪を含め海外16箇所に事務所を設置しています。外国企業の投資申請受付、ライセンス許認可におけるアドバイス等を一手に担っており、マレーシアへの投資を検討する場合の窓口としては最適な外国機関です。
  2. (2)アジア地域の更なる営業拡大を展望している当グループと投資累計額が米国に次ぐ第2位である日本からの投資強化を検討中であるMIDAとの思惑が一致した結果、今回の業務協力覚書締結に至りました。
  3. (3)当グループの顧客基盤、ネットワーク網、並びにMIDAの当地における専門的なアドバイス、サポート等お互いの強みを生かした相互協力を通して、両国の投資促進を図ってまいります。

以上

ページの先頭へ
ページの先頭へ