ページの先頭です

このウィンドウを閉じる

2005年2月28日

株式会社みずほフィナンシャルグループ

スマトラ島沖大地震・インド洋大津波の被災者に対する役職員等による義援金の実施について

当社は、昨年12月26日に発生したインドネシア・スマトラ島沖大地震およびインド洋大津波で被災された方々に対する支援として、みずほフィナンシャルグループ各社の役職員等を対象に募金活動を実施致しました。また、みずほフィナンシャルグループの各海外支店・現地法人等におきましても独自に決定した支援を実施しております。

当該募金に日頃より役職員が積み立てている社会貢献のためのファンドからの義援金と株式会社みずほフィナンシャルグループからの寄付金を合わせ、総額30,685,837円を日本赤十字社ならびに各国の災害義援金受付窓口等を通じて寄贈致しました。

(ご参考)義援金の内訳

みずほフィナンシャルグループ役職員等募金 8,639,799円
みずほフィナンシャルグループ社会貢献ファンド 1,000,000円
株式会社みずほフィナンシャルグループ 11,000,000円
みずほフィナンシャルグループの
海外支店・現地法人等 (注1・2)
10,046,038円
  1. 注1:金額は現地通貨の円相当額
  2. 注2:米国については、従業員の寄付に合わせて米国みずほ財団から同額を拠出する制度(マッチング・ギフト・プログラム)を継続中。

このウィンドウを閉じる

ページの先頭へ
ページの先頭へ