ページの先頭です

このウィンドウを閉じる

2004年6月18日

株式会社みずほフィナンシャルグループ

興和不動産株式会社との協定締結に伴う債権の取立不能及び取立遅延のおそれの発生について

本日、当社子会社である株式会社みずほコーポレート銀行が、その取引先である興和不動産株式会社他と、興和不動産グループの事業再編に関し、支援にかかる協定を締結いたしました。この結果、当該取引先向け債権のうち、事業再編において興和不動産株式会社に残存する予定の債権につき、取立不能及び取立遅延のおそれが生じましたので、お知らせします。
なお、株式会社みずほコーポレート銀行は、興和不動産株式会社の主取引銀行として、今次事業再編が着実に遂行されるよう、今後とも支援・協力を続けてまいります。

1.興和不動産株式会社の概要

(1)本店所在地 東京都港区西麻布四丁目12番24号
(2)代表者の氏名 渡邉 雄司
(3)資本金 1,800百万円

2.当該取引先に生じた事実

みずほコーポレート銀行、興和不動産株式会社及びその子会社である興和不動産販売株式会社にて、興和不動産グループの事業再編に関し、支援にかかる協定を本日付で締結いたしました。
興和不動産株式会社は、その事業の一部の興和不動産販売株式会社への会社分割を本年9月末に実施する予定です。

3.当該取引先に対する債権額のうち、取立不能及び取立遅延のおそれの生じた債権額

みずほコーポレート銀行:興和不動産株式会社に対する債権218,363百万円のうち、会社分割において当該取引先に残存する予定の貸出金175,700百万円。

4.当該事象の損益に与える影響

興和不動産株式会社に残存する予定の債権のうち、担保・引当金で保全されていない残額については、当期において必要な損失処理を行う予定であります。なお、当社が既に発表しております当期業績予想に影響はありません。

このウィンドウを閉じる

ページの先頭へ
ページの先頭へ