ページの先頭です

2002年~ みずほ銀行、みずほコーポレート銀行のスタート

このページを印刷する

詳細

2002年4月1日、会社分割および合併により3行は、「みずほ銀行」「みずほコーポレート銀行」に統合・再編され、新たにスタートする。

2002年4月~

営業初日からシステム障害のトラブル発生ATMの一部はストップ、お客さま口座からの二重引落しや支払誤記帳、公共料金等の口座振替の遅延は250万件に上り、システム障害を収束するまでに数ヵ月を要した。

新聞紙面の一面の写真

新聞紙面の一面


2002年10月、竹中金融担当大臣が金融再生プログラムを提示し、金融機関の不良債権処理が加速してゆく。<みずほ>も不良債権処理に伴う損失が大幅に拡大し、2兆円を超える赤字決算を余儀なくされ、株価も低迷を続ける。


2002年11月

<みずほ>は、「変革・加速プログラム」を発表、徹底したリストラを実施

プレスリリース図の写真

「変革・加速プログラム」プレスリリース

2003年1月

<みずほ>は、財務上の課題を一掃するため、「1兆円増資」を発表

前田社長記者会見風景図の写真

1兆円規模の増資などについて記者会見をする前田社長(写真提供:読売新聞社)


<みずほ>は、2002年の統合再編から1年経過時点での更なる事業再構築を実施。企業価値を高めるため、グループ各社の特性を活かした戦略展開を加速。


2003年3月

みずほフィナンシャルグループ設立(グループ経営体制の再々編)
みずほ信託銀行とみずほアセット信託銀行の合併
みずほフィナンシャルグループ増資払込完了(総額1兆819億円)
2兆円規模の不良債権処理を実施

2003年5月

<みずほ>は、『企業再生プロジェクト』の一環として、再生・リストラニーズのあるお取引先の債権を再生専門子会社4社に集約し、企業再生の早期実現に加え、信用創造機能の一段の強化に取り組む体制を整備

2004年10月

第一勧銀情報システム、富士総合研究所、興銀システム開発が統合し、「みずほ情報総研」設立


2003年5月、りそな銀行への公的資金注入を契機に金融不安は鎮静化。三菱とUFJの統合により、メガバンクへの統合・再編は収束してゆく。


2005年10月

三菱東京フィナンシャルグループとUFJホールディングスが合併

株価情報(東証第一部 証券コード8411)

情報提供:時事通信社

詳細情報(チャート等)

<みずほ>のネットワーク

個人投資家のみなさまへ

最新資料集

決算関連ニュースリリース

株主総会

アクセスランキング

グループ会社

ブランド戦略

ページの先頭へ
ページの先頭へ