ページの先頭です

株式事務等について(FAQ)

このページを印刷する

株式全般(質問と回答)

Q1どの証券取引所に上場されていますか。

A1東京証券取引所(市場第一部)に株式を上場しています。また、米国預託証券(ADR)をニューヨーク証券取引所に上場しています。

Q3株主名簿管理人は誰ですか。

A3みずほ信託銀行です。

Q4株式売買の単位はいくつですか。

A4100株です。
2009年1月の株券電子化時に、単元株制度を導入し、1単元=100株としています。

Q6株式事務に関する問い合わせ先を教えてください。

A6 株式事務のご案内のページのお問い合わせ先をご覧ください。

Q7特別口座とは何ですか。

A7 株券電子化実施時(2009年1月)までに証券保管振替機構(ほふり)に株券を預託されなかった株主さまの株式につきましては、特別口座管理機関(みずほ信託銀行)にて管理を行っており、これを特別口座といいます。
そのままでは、市場での売買ができない等の制約がありますので、お心当たりの株主さまは、早目にお取引のある証券会社への振替をお願いします。
対象となる株主さまには、2009年2月に特別口座に関する補足説明(PDF/120KB)PDFをお送りしています。併せてご覧ください。

Q8特別口座に関する問い合わせ先を教えてください。

A8 みずほ信託銀行証券代行部までお問い合わせください。
フリーダイヤル0120–288–324
(土曜日・日曜日・祝日を除く9時00分~17時00分)

Q9株主優待は実施していますか。

A9現時点において、株主優待は実施していません。

Q10株式分割は実施していますか。

A102015年度は実施していません。

配当について(質問と回答)

Q1配当の状況を教えてください。

A1配当の状況のページをご覧ください。

Q22016年度(2017年3月期)の配当予想金額を教えてください。

A21株あたり7円50銭を予想しています(うち、中間配当金で3円75銭、期末配当金で3円75銭の予想です)。
配当の状況もご覧ください。

Q3配当金の受取方法を教えてください。

A3配当金のお受け取りには、以下1~3の3つの方法があります。
現在、1の方法をご利用の株主さまには、お受け取り忘れがなく簡単な2または3の方法への変更をおすすめします。
変更のお手続きは、お取引のある証券会社等に直接お問い合わせください(特別口座の株主さまは、みずほ信託銀行にお問い合わせください)。

1 郵便局等でのお受け取り 配当金領収証方式 発行会社から郵送される「配当金領収証」を持参し、郵便局等で受け取る方法。

2 証券口座でのお受け取り 株式数比例配分方式 各証券会社の保有株式に応じて、各社の証券口座で受け取る方法。

3 銀行口座等でのお受け取り 登録配当金受領口座方式 配当金をご指定の金融機関口座で受け取る方法。

Q5配当金支払いの株主確定日はいつですか。

A5 期末配当金は3月31日、中間配当金は9月30日です。

Q6配当金を受け取るにはいつまでに株式を取得すればいいですか。

A6 配当金をお受け取りになるためには、配当金受領株主確定日(期末配当金は3月31日、中間配当金は9月30日)に株主名簿に登録されていることが必要となります。
この登録がなされるための最終買付日(権利付最終日)は、一般的に配当金受領株主確定日の3営業日前となりますが、証券会社によって最終買付日が異なる場合がございますので、詳しくはお取引先の証券会社にご確認ください。

Q7配当金の支払い時期はいつですか。

A7 期末配当を実施する場合は6月、中間配当を実施する場合は12月です。

Q8未受領の配当金に関する問い合わせ先を教えてください。

A8 株式事務のご案内のページのお問い合わせ先をご覧ください。

株主総会(質問と回答)

Q1定時株主総会は、いつ開催されますか。

A1 毎年6月下旬に開催しています。
詳細は、総会前にお届けします招集ご通知をご覧ください。招集ご通知は、株主総会のページからもご覧いただけます。

Q3お土産の配布や懇親会の開催は実施していますか。

A3お土産の配布、および懇親会の開催は実施していません。

<みずほ>のネットワーク

グループ会社

ブランド戦略

ページの先頭へ
ページの先頭へ