ページの先頭です

サービス提供力向上への取り組みに関する特集

このページを印刷する

<みずほ>は、中期経営計画のビジョンにおいて「サービス提供力No.1」を掲げ、その実現に向けたCS向上の心構えとして「みずほサービス・スピリット」を制定し、その実践に努めています。

さらに個人ユニットでは、サービス提供力の向上による「お客さまに選ばれ続ける金融グループ」の実現をめざし、お客さまのライフサイクルやニーズに応じた幅広い金融商品を提供するとともに、先進的かつ「簡単・便利・快適」な次世代リテールサービスの構築や、お客さまに親しみやすい優しい金融サービスの提供に努めてきました。

2013年度には、リバースモーゲージローンの取り扱い開始や少額投資非課税制度「NISA(ニーサ)」の活用に向けた投資信託の商品ラインアップ拡充、スマートフォンなどを利用したサービスの拡充と利便性向上などに取り組みました。

こうした取り組みに加え、「国内金融資産活性化PT」や「次世代リテールPT」を設置して、中長期的な視点から10年後の金融のあるべき姿を整理し、貯蓄から長期投資への推進や高齢者の資産移転の仕組みづくり、新しいリテール金融ビジネスについての検討を行っています。

商品を通じた取り組み

ローンや運用などの商品を通じた取り組みについて紹介しています。

チャネルを通じた取り組み

モバイル端末やATMなどのチャネルを通じた取り組みについて紹介しています。

CS向上への取り組み

「みずほサービス・スピリット」にもとづくCS向上への取り組みについて紹介しています。

<みずほ>のネットワーク

統合報告書

CSR動画「社会とともに、未来を描く」

CSRマネジメント

産業育成を通じたビジネス機会創出への取り組み

東京学芸大学との共同研究

グループ会社

ブランド戦略

ページの先頭へ
ページの先頭へ