ページの先頭です

金融犯罪防止対策

このページを印刷する

金融犯罪被害の未然防止に向けた対策を強化

金融犯罪被害の防止に向けて

<みずほ>は、銀行が果たすべき社会的責任の一環として、マネー・ローンダリングやテロ資金供与、キャッシュカードやインターネットバンキング等を悪用した預金の不正払い戻し被害、オレオレ詐欺をはじめとした振り込め詐欺被害について、さまざまな対策を積極的に実施しています。

マネー・ローンダリング等防止に向けた取り組み

近年、マネー・ローンダリングやテロ資金供与などの防止に向けた国際的な要請が高まってきています。<みずほ>は、これらの防止に向けて、営業店での口座開設受付時における、法令*1に基づく取引時確認の徹底や、専門部署を設置してシステムによる疑わしい取引・不正取引のモニタリングを行う等、金融犯罪の防止に取り組んでいます。

その代表例として、2008年12月、欧米主要銀行で多くの実績を持つ「アンチ・マネー・ローンダリング(AML)モニタリングシステム」を日本の銀行として初めて導入し、多数の口座を網羅的・継続的にモニタリングする態勢を整えています。

  • *1犯罪収益移転防止法
    「犯罪による収益の移転防止に関する法律」(2013年4月改正)

インターネットバンキングでの預金の不正払い戻し被害防止への取り組み

最近、フィッシングサイトへの誘導や不正プログラムによるインターネットバンキング不正利用被害が増加しています。

個人のお客さまについては、ワンタイムパスワード(みずほ銀行みずほ信託銀行)や「リスクベース認証*2」(みずほ銀行)を導入するなど、より安心してご利用いただけるよう配慮しているほか、ウェブサイト上で、具体的な金融犯罪事例を開示して注意事項を分かりやすくまとめるなど、注意喚起を図っています。

リスクベース認証フロー図
リスクベース認証フローのイメージ図
  • *2リスクベース認証
    お客さまが普段利用される環境を総合的に分析し、不正利用が懸念される場合は、追加認証を行う仕組み。万が一、パスワードなどを第三者に知られてしまった場合でも、追加認証を行うことで、不正利用防止に有効な対策となります。

振り込め詐欺被害未然防止への取り組み

振り込め詐欺犯罪は社会的に大きな問題となっており、最近では、「息子や孫を装い、金銭の手渡しや振込を要求する手口」、「インターネットの有料サイト利用料等と称して振込を求める手口」、「ダイレクトメールやチラシで融資の案内を行い、融資前に保証金の振込を求める手口」、「社会保険事務所等を装い、医療費の還付手続等とだまし、金銭を振り込ませる手口」など、その手口が多様化してきています。

振り込め詐欺*3の認知件数と振り込め詐欺被害総額の推移
振り込め詐欺*3の認知件数と振り込め詐欺被害額の推移のグラフ

出所:警察庁資料よりみずほフィナンシャルグループ作成

  • *3振り込め詐欺
    特殊詐欺のうち、オレオレ詐欺、架空請求詐欺、融資保証金詐欺および還付金等詐欺を総称したもの

みずほ銀行・みずほ信託銀行では、振り込め詐欺被害未然防止のため、窓口、ATMコーナーでのお声掛けや、ポスター、チラシ、ウェブサイト、ATM画面への表示などを通じたお客さまへの注意喚起を強化しています。

振り込め詐欺の手口を紹介のイメージ図

振り込め詐欺の手口を紹介

また、お客さまへの積極的なお声掛けにより、振り込め詐欺被害を複数回防止したことが評価され、みずほ銀行の複数の社員が警視庁から「声掛けマイスター*4」として任命されました。

みずほ銀行・みずほ信託銀行の各店舗では、こうした取り組みを今後も継続することにより、被害の未然防止に努めていきます。

  • *4声掛けマイスター
    窓口やATMで多額の現金の引き出しや振り込みをしようとしている人に積極的に声を掛け、振り込め詐欺などの被害を未然に防止した実績が顕著な金融機関の職員等

社員の声

みずほ銀行 桜台支店 お客さまサービス課 課長 久野 浩一郎(声掛けマイスターに任命)の写真

みずほ銀行 桜台支店
お客さまサービス課 課長
久野 浩一郎
(声掛けマイスターに任命)

桜台支店では、振り込め詐欺の未然防止に向け、支店が一丸となって取り組んでいます。

行員やロビースタッフがお客さまのご用件やお話を伺う際には、常に「お客さまの様子やお取引内容などに気になる点がないか」という意識を持って応対しており、「もしかしたら」と思った際には、即座に上司に報告し、お取引内容などを確認させていただいています。

また、日頃から警察と連携し、新たな犯罪事例の共有や共同での防犯訓練の実施など、地域をあげてお客さまの安全を守るための取り組みを行っています。

<みずほ>のネットワーク

統合報告書

CSR動画「社会とともに、未来を描く」

CSRマネジメント

産業育成を通じたビジネス機会創出への取り組み

東京学芸大学との共同研究

グループ会社

ブランド戦略

ページの先頭へ
ページの先頭へ