ページの先頭です

被災地での社会貢献活動(CSRハイライト2012)

このページを印刷する

<みずほ>では、東日本大震災からの復興に向け、専門的な知見やネットワークを生かし、グループの総力をあげて取り組むとともに、社員参加型のボランティアや苗木の寄付、被災地での金融教育などの社会貢献活動も継続的に進めています。

東日本大震災復興支援

みずほの森プロジェクト

<みずほ>は、福島県いわき市の海岸防災林再生のため、2013年4月、福島県・いわき市・海岸防災林所有者と協定を締結し、海岸防災林の一区画を「みずほの森」として、植栽・保育活動に取り組む「みずほの森プロジェクト」を開始しました。

対象となる「新舞子海岸林」は、福島県いわき市の太平洋岸に南北約7キロメートルに伸びる海岸防災林で、江戸時代に磐城平藩の藩主が植林したのが始まりと言われていますが、2011年3月の東日本大震災での津波により甚大な被害を受けました。海岸防災林は、津波による被害を軽減するだけではなく、飛砂・風害から住居・農地を保護する機能を有し、沿岸部の生活再建、農業再生にはこの防災林の再生が不可欠となっています。

<みずほ>は、新舞子海岸林約70ヘクタールのうち2.27ヘクタールを「みずほの森」として、福島県が防潮堤建設、対象地区の盛土等を行った後の2014年10月から、約1年半で1ヘクタールあたり約1万本、合計2万3千本のクロマツを植栽する予定です。その後、2016年4月から3年間かけて保育(下刈り、施肥、補植等)を進めていきます。植栽・保育活動については、<みずほ>の社員によるボランティアを派遣し、地元と連携しながら取り組んでいきます。

協定式の様子の写真

協定式の様子

植樹予定地の写真

植樹予定地

被災地における金融教育

<みずほ>は、子どもたちの「生きる力を育む」金融教育の普及を目指し、金融教育の支援をCSRの重点取り組み分野と定めて、2005年より取り組みを進めてきました。また、2006年度からは、東京学芸大学との金融教育に関する共同研究プロジェクトを立ち上げ、双方が持つノウハウ等を結集して実践的な教育ツールの開発や金融教育の普及に取り組んできました。そうした取り組みを通じて得られた成果を生かし、被災地での教育支援活動にも協力しています。

2012年6月22日、<みずほ>は、岩手県大船渡市で開催された「キャリアチャレンジデイ」に参加しました。「キャリアチャレンジデイ」は、同市の全中学2年生を対象とし、震災により実施が困難になった職場体験学習の代わりに、仕事について学ぶ機会を提供するもので、当日は、県内外21企業・団体が参加しました。講義では、社会でのお金の流れや銀行の役割などについて説明した後、生徒からのインタビューに答える形で、仕事の内容ややりがいなどについて話しました。

生徒からは「人の役に立つことは大事なことだと思い、僕も将来、人の役に立つことをたくさんしたいと思いました。」「改めて『信用』の大切さに気付くことができました。」「これからは、将来のために一生懸命勉強したいと思います。」「将来は銀行に就職しようかなと思いました。」などの感想が寄せられました。

キャリアチャレンジデイでの講義の模様の写真

キャリアチャレンジデイでの講義の模様

また、2013年2月4日には、「協働型キャリア教育実践フォーラム ~10年後の岩手を元気にする!~」に参加しました。このフォーラムは、学校と企業・団体等との直接的なネットワークを“いわての資産”とすることで、各校の状況にあわせたキャリア教育を継続的に実践できる基盤を作るために開催されたものです。<みずほ>は、東京学芸大学との共同研究プロジェクトで開発した金融教育テキストと授業支援DVDを配布し、活用方法等について紹介しました。

社員の声

みずほフィナンシャルグループ コーポレート・コミュニケーション部CSR推進室 調査役 中尾 俊明の写真

みずほフィナンシャルグループ
コーポレート・コミュニケーション部
CSR推進室 調査役
中尾 俊明

キャリアに関する授業を行う際には、仕事の内容を説明するだけでなく、働くうえでの苦労・やりがいなどについても話すことで、子どもたちに働くことや将来について考えるきっかけを与えることができればと思っています。これからも、被災地での教育支援活動に協力し、子どもたちの学びに貢献していきたいと考えています。

避難者への情報発信に協力

<みずほ>は、宮城県・福島県から県外に避難されている被災者の方々への情報提供に協力するため、全国のみずほ銀行の本支店と出張所に、宮城県・福島県が発行する震災復興関連情報冊子などを設置しています。

震災復興関連情報冊子の写真

震災復興関連情報冊子

<みずほ>のネットワーク

統合報告書

CSR動画「社会とともに、未来を描く」

CSRマネジメント

産業育成を通じたビジネス機会創出への取り組み

東京学芸大学との共同研究

グループ会社

ブランド戦略

ページの先頭へ
ページの先頭へ