ページの先頭です

社員とのかかわりに関する特集

このページを印刷する

経済のグローバル化や消費者ニーズの多様化等に対応しつつ、少子高齢化による労働力人口の減少のなかで日本の経済・社会を活性化するためには、世界で活躍できるグローバルな人材を育成し、国籍や性別などにかかわらず多様な人材を活用していくことが重要になっています。企業にとっても、こうした取り組みを推進することは重要な経営課題となっています。
<みずほ>は、2013年4月に、企業理念を踏まえた新たな「人事ビジョン」を掲げ、人事運営におけるビジョンを明確化したほか、2013年2月に公表した中期経営計画においては、戦略軸の一つとして国内外における「グループベースの人材活用と人材育成」を重点取り組み課題として掲げました。具体的には、銀行・信託・証券に関する横断的なノウハウを蓄積した人材やグローバル人材の育成、女性のマネジメント登用等の推進により、<みずほ>の事業戦略を支える最適な人材基盤を確立していきたいと考えています。

新たな「人事ビジョン」の制定

『<みずほ>の企業理念』の基本理念に掲げる「お客さま、経済・社会に<豊かな実り>を提供する」を実現するためには、多くの社員が『<みずほ>の企業理念』に共感し、それに従った行動を内発的に起こす組織風土をつくることが重要だと考えています。そして、その実現に向けて、新たに制定した「人事ビジョン」に則した人事運営を実践しています。

「人事ビジョン」(2013年4月1日制定)

みずほフィナンシャルグループは、社員一人ひとりの成長が<みずほ>の持続的かつ安定的な成長に繋がっていくものと確信します。
<みずほ>は、「みずほValue」を実践しようと努力する社員を尊重し、社員が仕事を通じて人生を豊かにしていくことを支援します。

  • <みずほ>は、社員の強みを活かし、能力を引き出す機会を提供します。
  • <みずほ>は、国籍・人種・性別・価値観の異なる社員が、互いに認め合い、高め合うことを重視します。
  • <みずほ>は、一人ひとりが仕事を通じてやりがいと誇りを感じられる共通の住処を、社員と共に築いていきます。

新「人事ビジョン」のイメージ図

グループベースの人材活用と人材育成

銀行・信託・証券におけるグループベースの人材活用とグローバル人材の育成に向けた取り組みについて紹介しています。

女性活躍推進とワーク・ライフ・バランスへの取り組み

女性活躍推進とワーク・ライフ・バランスへの取り組みについて紹介しています。

<みずほ>のネットワーク

統合報告書

CSR動画「社会とともに、未来を描く」

CSRマネジメント

産業育成を通じたビジネス機会創出への取り組み

東京学芸大学との共同研究

グループ会社

ブランド戦略

ページの先頭へ
ページの先頭へ