ページの先頭です

環境への取り組みに関する特集

このページを印刷する

経済発展と環境保全の両立への取り組み

地球環境保全の取り組みが国内外で活発化するなか、<みずほ>は、経済発展と環境保全の両立を図っていくために、「環境に対する取り組み方針」を制定し、さまざまな活動を推進しています。

それらの一つとして、<みずほ>は、2003年にプロジェクトファイナンスにおける社会・環境リスクを評価・管理するための基準である「エクエーター原則」を邦銀として初めて採択し、2011年11月には、環境を含めたより幅広い問題に対応する「持続可能な社会の形成に向けた金融行動原則」に署名するなど、さまざまな枠組みに参画しています。

また、自社の事業にかかる環境負荷軽減にも努めており、2010年には、営業店舗の建築性能や設備利用、エネルギー利用に関わる8つの項目を「<みずほ>環境基準」として設定し、2011年度から環境配慮型店舗「<みずほ>エコ店舗」を順次展開しています。

これらに加え、<みずほ>は、海外でのスマートシティプロジェクトへの参画や排出権取引コンサルティングの実施、さらには環境配慮型経営を実践または志向している中堅・中小企業向けに従来の融資商品をレベルアップさせた「みずほエコアシスト<プラス>」の取り扱いを実施するなど、環境ビジネスへの取り組みに注力しています。

ハワイ離島型スマートグリッド実証プロジェクト

みずほコーポレート銀行が参画している「ハワイにおける日米共同世界最先端の離島型スマートグリッド実証事業」について紹介します。

二国間オフセット・クレジット制度の普及促進に向けた取り組み

<みずほ>の「二国間オフセット・クレジット制度」普及促進に向けて実施した実現可能性調査について紹介します。

みずほエコアシスト<プラス>

みずほ銀行は、お客さまの環境経営の進展をサポートする環境配慮型融資商品「みずほエコアシスト<プラス>」を提供しています。

Scope3基準GHG排出量簡易算出サービス

みずほ情報総研は、温室効果ガス排出量の新たな算定・報告を多方面からサポートしています。

<みずほ>のネットワーク

統合報告書

CSR動画「社会とともに、未来を描く」

CSRマネジメント

産業育成を通じたビジネス機会創出への取り組み

東京学芸大学との共同研究

グループ会社

ブランド戦略

ページの先頭へ
ページの先頭へ