ページの先頭です

みずほエコアシスト<プラス>

このページを印刷する

お客さまの環境経営の進展をサポートする環境配慮型融資商品等を提供

環境経営を「リスク」と「機会」の両面で評価

みずほ銀行は、「環境に配慮する経営を行っている」「環境良化・改善を目的とする設備投資を行う」お客さまの運転資金・設備資金ニーズに対して、当行独自の環境基準で「エコ認定」を行い、その結果に応じて融資・発行条件を設定する環境配慮型融資商品「みずほエコアシスト」環境配慮型社債商品「みずほエコ私募債」を提供しており、これまで多くのお客さまにご利用いただいています。

2011年3月からは、「自社の環境への取り組みの客観的評価を知りたい」などのニーズにお応えするため、みずほ情報総研が開発した<みずほ>独自の環境格付「みずほエコグレード」によりお客さまの環境配慮型経営の状況を評価し、その評価結果に応じて融資・発行条件を設定する環境配慮型融資商品「みずほエコアシスト<プラス>」環境配慮型社債商品「みずほエコ私募債<プラス>」の提供を開始しました。

「みずほエコグレード」の取得は、ISO14001認証やエコアクション21認証、その他環境マネジメントシステム規格などの第三者認証を取得したお客さまが対象となり、「リスク(環境リスクへの対応)」と「チャンス(環境ビジネスへの取り組み)」の両面でお客さまの環境力全体を評価します。また、単年ではなく、3ヵ年フォローアップすることで、お客さまの環境への継続的な取り組みを評価します(3ヵ年での評価〔標準型〕が基本となりますが、ご希望の場合は1ヵ年評価〔簡易型〕も可能です)。お客さまには環境配慮型経営の状況を「みずほエコグレード」認定、および「環境力簡易診断結果レポート」により還元します。

お客さまはこのレポートを元に、継続的に活動を改善でき、また、自社のIR活動などにもご利用いただくことができます。なお、評価手法の妥当性を確保するために、環境関連業務において多くの実績を有するトーマツ審査評価機構のアドバイスを受けています。

「みずほエコグレード」評価の流れ
イメージ図

外部評価を通じて自社の強みや弱みを把握

みずほ銀行は、2011年8月、集団給食サービス業を営む株式会社レパスト(以下「同社」)に対して「みずほエコアシスト<プラス>」の第1号案件となる融資を実行しました。

同社は、環境マネジメントシステムの国際的な認証であるISO14001を本社および複数の事業所で取得しているほか、食品廃棄物の減量化や食材の地産地消に、積極的に取り組んでいます。

みずほ銀行では、同社のこのような環境配慮型経営に対し、2011年2月に「みずほエコアシスト」を利用した融資を実行しましたが、更なる「環境力」強化に向けて、「みずほエコアシスト<プラス>」(以下「同商品」)の活用を提案したところ、「自社の環境への取り組みに対する客観的評価を受けたい」という同社のニーズに合致し、同商品を利用した融資の実行となりました。

なお、同社からは、「環境力簡易診断結果レポート」により外部からの評価を知ることで、自社の強みや弱みが明確になり、改めて今後目指すべき方向性を確認することができたとの評価を頂きました。

写真

調理の様子

写真

株式会社レパストが提供する料理

みずほエコグレードを環境省の利子補給制度に活用

三重県内に27の店舗を展開する食品総合スーパーである株式会社ぎゅーとら(以下「同社」)は、ISO14001認証を取得するなど、堅固な環境マネジメント体制を構築し、環境保全とコスト削減の両面から環境対策に積極的に取り組んでいます。

同社は、屋上緑化や省エネ空調設備などを導入した新物流センターの建設に関する資金調達において「みずほエコアシスト<プラス>」を利用し、みずほ独自の環境格付「みずほエコグレード」を取得するとともに、環境省の「環境配慮型経営促進事業利子補給金事業」制度(以下「同制度」)を活用しました(融資は、同社の資産管理会社である株式会社清水産業に対し2012年1月に実行しました)。

同制度は、「みずほエコグレード」などの環境格付の取得と、CO2排出削減目標を誓約・達成することを条件に、地球温暖化防止のための設備投資等への融資を対象に、融資利率の1%を限度とした利子補給を最大5年間にわたり受けることが出来る制度で、同社グループには、「CO2の排出原単位を5年以内に5%以上改善する」誓約を頂いています。

同社グループは、同制度を利用することにより、環境に配慮しつつ資金調達コストの軽減を実現しました。

みずほ銀行は、「みずほエコアシスト<プラス>」などの商品の取り扱いを通じて、引き続きお客さまの環境配慮型経営を積極的に支援し、社会全体の環境負荷低減の取り組みに貢献していきます。

写真

株式会社ぎゅーとら 物流センター

写真

地域清掃活動の様子

担当者の声

写真

みずほ銀行 事業法人業務部 企画チーム参事役
吉岡 隆徳

融資を通じて社会全体の環境保全に貢献したいという意気込みで、商品を開発しています。「みずほエコアシスト」には、環境配慮型経営を新たに始める企業が増えるきっかけになればという思いを込めました。また、「みずほエコアシスト<プラス>」を通じて、既に環境配慮型経営に取り組んでいるお客さまの「自社の取り組みの客観的評価を知りたい」というニーズにお応えするとともに、環境配慮型経営の進展に役立っていきたいと考えています。

<みずほ>のネットワーク

統合報告書

CSR動画「社会とともに、未来を描く」

CSRマネジメント

産業育成を通じたビジネス機会創出への取り組み

東京学芸大学との共同研究

グループ会社

ブランド戦略

ページの先頭へ
ページの先頭へ