ページの先頭です

本業を通じた社会的課題への取り組みに関する特集

このページを印刷する

企業が社会と共に歩んでいくために、多様なステークホルダーに配慮して事業を行うとともに、本業を活かして社会的課題の解決に貢献し、持続可能な社会の発展を実現していく必要があります。<みずほ>は、少子高齢化社会への対応や「新しい公共」の担い手支援など、さまざまな社会的課題の解決に対し、本業を通じた貢献を目指しています。

ハートフルプロジェクト

みずほ銀行では、「年齢、性別、障がいの有無などに関わらず、誰にでも利用しやすい銀行」を目指し、2005年11月から「ハートフルプロジェクト」として、多面的なバリアフリー化を推進しています。

<みずほ>ハートフルビジネス

みずほ銀行は、2010年度から法人や個人のお客さまのバリアフリー化・ユニバーサルデザイン化への取り組みをサポートする「<みずほ>ハートフルビジネス」を展開しています。

アショカへの支援

<みずほ>は「アショカ」と提携し、社会起業家の活動をグローバルにサポートしています。

特定寄付信託

みずほ信託銀行が、お客さまの「財産を社会に役立てたい」というニーズに応える商品として2012年3月に取り扱いを開始した特定寄附信託について紹介しています。

ポジティブ・アクション研修

みずほ情報総研が、ダイバーシティ推進の一環として、全国各地で開催した「ポジティブ・アクション研修」について紹介しています。

持続可能な社会の形成に向けた金融行動原則

<みずほ>が2011年11月に署名した「持続可能な社会の形成に向けた金融行動原則」について紹介しています。

<みずほ>のネットワーク

統合報告書

CSR動画「社会とともに、未来を描く」

CSRマネジメント

産業育成を通じたビジネス機会創出への取り組み

東京学芸大学との共同研究

グループ会社

ブランド戦略

ページの先頭へ
ページの先頭へ