ページの先頭です

「信頼回復」に向けた取り組みについて

このページを印刷する

<みずほ>は、この度のシステム障害を踏まえ、今後、再び同様の事態を生じさせないという強い決意とともに、お客さまの信頼を今一度取り戻すために、これから取り組むべき項目を「変革」プログラムの加速策として以下の通り表明させていただきます。

信頼回復に向けた取り組みの根幹は、「お客さま第一主義」の徹底であります。その第一歩として、「経営体制」「人事」「業務」の大胆な集約と一元化を図ることで、グループの一体運営を一段と強化し、合併等の統合を視野に入れた「ワンバンク」に実質的に移行することといたしました。

骨子

「ワンバンク」に実質的に移行し、合併等の統合を将来的に検討

  • (1)グループガバナンスの強化
    • グループCEOの明確化、取締役会諮問機関の独立性強化、および企画・管理本部の一元化を通じて、グループガバナンスを一段と強化。
  • (2)人事の完全一本化
    • 人事担当役員、および人事部の完全一本化により、適材適所の人材配置と機動的な人員配置を実現し、グループ組織活力を向上。
  • (3)業務インフラの一元化
    • 事務の一元化、および全てのバンキング業務のシステムプラットフォームの完全一元化により、グループ経営効率を抜本的に改善。

私ども経営陣の強いコミットメントのもと、組織・体制、人事、事務・システムに至るまで経営インフラを徹底的に見直すとともに、役職員の意識改革を促し、企業風土の再構築を図ることで、「お客さま第一主義」を徹底してまいります。また、金融機関としての社会的使命を全うするよう努力してまいります。このように、経営インフラ改革と意識改革の両面から<みずほ>を再生させ、お客さまはもとより、広く社会のみなさまからの信頼回復に向け、グループ役職員一丸となって取り組んでまいります。

「信頼回復」に向けた取り組み(イメージ図)
イメージ図

詳細は以下をご覧ください。

<みずほ>のネットワーク

統合報告書

CSR動画「社会とともに、未来を描く」

CSRマネジメント

産業育成を通じたビジネス機会創出への取り組み

東京学芸大学との共同研究

グループ会社

ブランド戦略

ページの先頭へ
ページの先頭へ