ページの先頭です

<みずほ>エコサイクル

このページを印刷する

「<みずほ>エコサイクル」を展開

社会全体でCO2排出削減のサイクルを拡大

<みずほ>は、国内版の排出量取引の一種である「国内クレジット制度*」にかかわる各種の環境関連商品・サービスを提供しています。「<みずほ>エコサイクル」とは、これら商品・サービスを、企業の環境経営や環境関連ビジネスだけでなく、環境問題に取り組む個人のお客さまにも広げ、CO2排出量削減の輪を社会全体に広げていく取り組みです。

<みずほ>エコサイクル
イメージ図
  • *「国内クレジット制度」とは、中小企業が大企業等から技術面・資金面での支援を受けながらCO2排出量削減に向けた取り組みを実施する一方、大企業等は取り組みの成果を「クレジット(排出権)」として購入し、自らの削減量とすることで自社のCO2排出量削減目標の達成に活用できる制度です。

企業の環境経営を支援

<みずほ>は、「国内クレジット制度」の普及を通じて日本企業のCO2排出削減の取り組みを支援するために、さまざまな商品・サービスを提供しています。

環境ビジネスマッチング

省エネやリサイクルなど環境対策に意欲的に取り組みたい中堅・中小企業と、環境負荷低減に関する技術やノウハウを有する企業との出会いをサポートする「環境ビジネスマッチング」に注力しています。

写真

環境ビジネスマッチングの風景

みずほエコアシスト/みずほエコアシスト<プラス>

みずほ銀行では、「環境に配慮する経営を行っている」または「環境問題に前向きな取り組みを行おうとしている」企業、「環境良化・改善を目的とする設備投資を行う」企業の運転資金・設備資金ニーズに対応し、所定の金利より引き下げた金利を適用する環境配慮型融資商品「みずほエコアシスト」を提供しています。
詳細については、「環境」カテゴリのファイナンスをご覧ください。

2011年3月からは、お客さまの環境配慮型経営の状況を、<みずほ>独自の評価基準である「みずほエコグレード」により評価し、評価結果に応じた融資条件の設定を行う「みずほエコアシスト<プラス>」の提供を開始しました。「みずほエコグレード」は、お客さまの環境配慮型経営を評価するシステムとしてみずほ情報総研が開発した<みずほ>独自の評価基準であり、企業の環境力を「リスク」と「チャンス」の両面で評価する点や、3ヵ年フォローアップすることで企業の継続的な環境への取り組みを評価する点等が特徴です。有利な資金調達のご提案とともに、お客さまの環境配慮型経営のサポートを実施します。

「みずほエコグレード」評価の流れ
イメージ図

国内クレジット制度の活用支援

みずほ情報総研は、中堅・中小企業が、省エネ設備の導入などで得られたCO2排出削減量をスムーズにクレジット(排出権)化できるように、認証機関に申請するために必要となる排出削減計画の策定から審査機関の紹介までをトータルにサポートしているほか、みずほ銀行は、クレジット購入ニーズのある大企業との出会いをサポートしています。

個人のお客さまのローン利用などを通じた環境貢献の仕組みを提供

<みずほ>は、個人のお客さまによる環境配慮商品・サービスのご利用に応じて、国内クレジットを自社で購入し、国へ寄付しています。

みずほ住宅ローン/みずほ買い替えローン/みずほ銀行リフォームローン/みずほ銀行新車ローン

みずほ銀行は、個人のお客さまの環境保全への取り組みを支援するために、従来から太陽光発電・オール電化など環境配慮型住宅へのリフォームおよび新築・新規購入、ハイブリッド自動車などのエコカー購入などを対象としたローン金利の優遇を実施してきましたが、2010年からは、金利特典に加え、対象のローン契約1件ごとに1.4トン相当のCO2排出権(国内クレジット)を<みずほ>が購入して国に寄付する新たな取り組みを実施しました。

みずほ銀行のローンをご利用いただくことで、エコ住宅やエコカーの活用による環境貢献に加え、「国内クレジット制度」の活性化を通じた日本企業による環境活動の積極的な取り組み、そして日本のCO2排出削減目標の達成にも貢献できる仕組みです。

イメージ図

  • *1オール電化・太陽光発電設備の設置などの環境配慮型リフォーム
  • *2ハイブリットカー・電気自動車

デビットカード利用による環境貢献

日常のお買い物を通じても環境保全に貢献していただけるように、みずほ銀行のキャッシュカードでデビットカードサービスを利用してお買い物をしていただくと、ご利用1件につき1円相当のCO2排出権をみずほ銀行が国に寄付するサービスを実施しました。

<みずほ>のネットワーク

統合報告書

CSR動画「社会とともに、未来を描く」

CSRマネジメント

産業育成を通じたビジネス機会創出への取り組み

東京学芸大学との共同研究

グループ会社

ブランド戦略

ページの先頭へ
ページの先頭へ