ページの先頭です

十日市場支店エコ店舗

このページを印刷する

独自の基準に基づく「エコ店舗」を展開

第1号のモデル店舗を開設

<みずほ>では、これまでも国内の主要事業所を中心としてCO2排出量やエネルギー消費量の把握・削減およびその情報開示を積極的に行い、グループをあげて事業活動における環境負荷の低減に取り組んできました。

こうした環境負荷低減への取り組みをさらに強化・発展させていくために、みずほ銀行では営業店舗の環境配慮に関して、新たに以下の8項目からなる「<みずほ>環境基準」を設定。これらの基準を適用した「環境配慮型店舗~<みずほ>エコ店舗~」(以下:エコ店舗)の展開を開始しました。その第1号のモデル店舗として2011年2月に開設したのが横浜市の十日市場支店です。

十日市場支店は、「<みずほ>環境基準」を初めて適用する新店舗で、太陽光発電システムを屋上に配置しているほか、ATMコーナーなどに消費電力量の少ないLED照明を採用しています。こうした取り組みにより、既存の同規模の店舗に比べて約2割のCO2排出量削減効果が見込まれています。

写真

十日市場支店外観

写真

屋上の太陽光発電システム

写真

ATMコーナーのLED照明

写真

発電量を表示するメーター

<みずほ>環境基準

  • (1)建築関連:外壁性能向上
  • (2)電気設備:受変電設備の高効率化
  • (3)照明設備:照明設備の高効率化(LED照明を含む)
  • (4)空調設備:空調機の高効率化
  • (5)換気設備:換気設備の高効率化
  • (6)衛生設備:節水装置の導入
  • (7)給湯設備:給湯設備の高効率化
  • (8)自然エネルギーの利用(太陽光発電、屋上緑化、雨水利用等)

<みずほ>は今後、モデル店舗の省エネルギー効果、CO2排出量削減効果の検証を行い、「<みずほ>環境基準」として制定することで、既存店舗についても店舗毎の事情を踏まえた「<みずほ>環境基準」の適用により、有効な環境対策を検討していきます。

担当者の声

写真

みずほ銀行 十日市場支店 お客さまサービス課 課長
吉元 隆行

第1号のエコ店舗として開店した十日市場支店があるエリア(横浜市緑区)は、その名が示すとおり、「市民の森」など広大な樹林地や河川を擁する自然豊かな街です。そんな環境もあり、環境保全に関心の高い市民が多く、開店した時、屋上に見える太陽電池パネルや店内のLED照明を見た多くのお客さまから「今後こういう店が増えていくのか」「どのくらいの省エネになるのか」といった声が寄せられました。こうして注目されることは新店としてとても嬉しいことですし、われわれ従業員にとって大きな励みになります。

社会的に省エネの必要性がますます高まるなか、全国の営業店に先駆け、施設面での取り組みに加え、運用面でも工夫を重ねることで、地域のお客さまにより親しまれる店舗に、そして、街の誇りに思っていただけるような店舗になれればと考えています。

<みずほ>のネットワーク

統合報告書

CSR動画「社会とともに、未来を描く」

CSRマネジメント

産業育成を通じたビジネス機会創出への取り組み

東京学芸大学との共同研究

グループ会社

ブランド戦略

ページの先頭へ
ページの先頭へ