ページの先頭です

金融教育に関する特集

このページを印刷する

実社会で役立つ「金融教育」への取り組み

<みずほ>は、「学校教育の早い段階から金融の基礎的な仕組みを学習し、しっかりと身につけることが将来を担う子どもたちの健全な育成にとって極めて大切である」という認識のもと、2006年度から教員育成の基幹大学、東京学芸大学とともに金融教育の共同研究プロジェクトをスタートしました。

2008年度までの基礎研究期間に取り組んだ教材開発などの一定の成果を踏まえ、2009年度からの3年間は、教育現場での実践により力を入れていく実践研究期間と位置づけ、新たなスタートを切りました。2009年度は、授業の質の向上や教育現場での使いやすさにこだわった新しい映像教材を開発したほか、これら教材を用いた職場体験の受け入れや実践授業を積極的に推進しました。また、公開研究会などの広報・普及活動も推進しました。

初等・中等教育分野の取り組みを強化する一方で、5大学6学部に寄付講義・寄付講座を設置する高等教育分野においても、最新の金融情勢や金融業界の課題なども踏まえた実践的なテーマを設定し、実社会で役立つ講義・講座となるよう努めました。

初等・中等教育分野

職場体験の質を高める取り組みを推進

小・中学校の児童・生徒たちが実際の就業体験を通じて働くことの意味について肌で感じることのできる職場体験は、キャリア教育の一つとして現場の先生たちの期待も高く、年々、受け入れ日数が増加する傾向にあります。そこで<みずほ>は、こうした学校の要請にできる限り応えながら職場体験の質を維持し、また高めていけるよう、銀行の基本業務である預金・貸出・送金・両替の仕組みや、その社会的意義、みずほ銀行のロビーや店頭での接客の仕方などを解説した児童・生徒向け映像教材を作成し、全支店にオンデマンドで配信できる体制を整えました。また、職場受け入れのポイントをまとめた従業員向け映像教材も作成し、2009年4月から全国の支店で活用しています。

これらのツールを効果的に活用することで、2009年度は、みずほ銀行の全国の支店で年間のべ110回(前年比+51回)の職場体験を実施しました。また、グループ各社の社員がゲストティーチャーとなり、小・中学校の教室で金融に関する授業を行う出張授業についても同様の教材を用いて継続的に開催しており、2006年の開始以来、授業に参加した子どもたちは4年間で累計1万人を超えました。さらに、これら教材を活用した職場体験の受け入れや出張授業は海外支店でも積極的に実施しており、世界各地で活動が拡大しています。

写真

職場体験

担当者の声

興味を高めてもらえるよう身近な例を挙げていきました

写真

みずほフィナンシャルグループ
コーポレート・コミュニケーション部CSR推進室 調査役 成瀬智沙子

最初は、金融の仕組みをATMを使ったことがない子どもたちにどのように説明したら良いのか悩みましたが、お小遣いやスーパーでの買い物などの身近な例を挙げるように工夫することで、子どもたちの表情が生き生きとして、次々と質問が出るようになりました。また、子どもたちからの質問や反応はとても素直で、私自身が気づかなかった視点で金融の役割や意義について見つめ直すこともあります。今後も、子どもたちの視点に立った説明を心掛け、金融・銀行への興味を高めてもらえるように努めていきたいと思います。

先生と協調して特別支援学校で金融教育の授業を実施

<みずほ>は、2008年11月に東京学芸大学との共同研究プロジェクトの一環として、障がいのある子どもたちの自立や社会参加に向けた主体的な取り組みを支援するための特別支援学校向け金融教育テキスト「くらしとお金」を作成し、2009年度からこのテキストを活用した出張授業を行っています。

授業の実施にあたっては、事前に担任教諭と「子どもたちに何を伝えれば良いか」「授業をどのように進めていけば良いか」などを討議しながら指導案を共同作成するなど、「先生方と一緒に授業をつくる」ことを重視して、子どもたち一人ひとりの理解度に合わせた授業、日々の生活で役立つ授業となるよう努めています。2009年度は、北九州市立特別支援学校北九州中央高等学園(福岡県)をはじめ、7校の特別支援学校で実践授業・授業研究会を実施しました。

<みずほ>は、今後も子どもたちをよく知る先生方との対話を通じてテキストや授業を改善し続けていきます。

高等教育分野

新たなパラダイムシフトをリードする人材の育成をめざして

サブプライム後の世界同時不況の中、世界経済のパラダイムは大きく変化しています。新興国の経済発展、に伴う世界の資源獲得競争の激化、地球温暖化に伴う地球環境問題への関心の高まりに従って、環境ビジネスにおける取り組みや新しい経済の動きに合わせたファイナンス手法の展開が金融機関に求められています。

こうしたなか、<みずほ>は、2009年度の大学での寄付講義・寄付講座において、「昨今の金融情勢(サブプライム問題から起因する経済動向)」「環境ビジネスと金融」「新しいファイナンスの展開」などのテーマを新たに設定しました。これら最新の世界情勢、経済情勢を取り入れた講義・講座により、金融を通じて新たなパラダイムシフトをリードする高度金融人材の育成をめざしています。

担当者の声

講義を通じて自分も「信託」の役割期待を再考できました

写真

みずほ信託銀行 経営企画部業務企画室調査役 須田力哉

早稲田大学への寄付講座で、信託ビジネスの講義を担当しました。学生にとって「信託」はあまり聞き慣れない仕組みだと思います。そこで、信託が身近な社会生活で使われていることを知ってほしいという思いをもって準備に取り組みました。
講義では、年金制度やエコポイント制度など、社会生活の身近なところで信託が活用されていることに触れながら、信託の登場人物や基本的な仕組み、金融ビジネスでの信託の活用手法について、丁寧にお伝えしました。講義後、積極的に質問に来られた方々とのやり取りなどを通じ、学生の金融に対する興味の強さを感じられたことが嬉しかったです。
今回の講義を通じて、私自身、金融制度における信託の役割や期待を再考するいいきっかけとなりました。今後も、学生に金融への関心を高めていただく機会に携われればと思っています。

<みずほ>のネットワーク

統合報告書

CSR動画「社会とともに、未来を描く」

CSRマネジメント

産業育成を通じたビジネス機会創出への取り組み

東京学芸大学との共同研究

グループ会社

ブランド戦略

ページの先頭へ
ページの先頭へ