ページの先頭です

CSR推進体制

このページを印刷する

CSR推進体制

<みずほ>は、グループ統一的にCSRを推進していくために、持株会社であるみずほフィナンシャルグループがグループ全体のCSR活動を推進する役割を担っています。みずほフィナンシャルグループ執行役社長がグループ全体のCSR活動への取り組みを統括し、みずほフィナンシャルグループ内にグループのCSR全般について審議するCSR委員会(経営政策委員会)を設置しています。CSR委員会では、グループのCSR取り組み方針の策定や各社の取り組み方針・実績の報告、進捗管理等を行います。

CSR委員会の事務局機能を担うコーポレート・コミュニケーション部CSR推進室は、主要グループ会社10社に対し、グループのCSR取り組み方針や施策などの浸透を図るとともに、CSRへの取り組みに関する企画立案、関係部署への提言、計画の進捗管理、CSR関連情報の収集とグループ内外への情報発信などを行っています。

主要グループ会社は、グループのCSR取り組み方針に基づき、各社それぞれの事業戦略を踏まえたCSR取り組み方針の策定と進捗管理等を行い、その結果をみずほフィナンシャルグループに対して報告します。また、主要グループ会社の中でも、グループ中核会社であるみずほ銀行みずほ信託銀行みずほ証券は、CSR委員会(経営政策委員会)を設置し、各社の方針等につき審議等を行っています。

このように、<みずほ>では、グループ会社各社内とグループ全体とでPDCAサイクルが回るような管理体制を構築しています。

CSR活動にあたっては、ステークホルダーとのコミュニケーションを重視し、日々の活動におけるステークホルダーとの関わりに加え、ステークホルダーダイアログ等を通じて外部からの意見を取り入れながら、取り組み内容の改善を図っています。また、みずほフィナンシャルグループのCSR委員会で審議されたグループの方針や施策の徹底とグループ会社間の情報共有・意見交換を行うため、主要グループ会社10社のCSR推進担当者を対象としたCSR担当者連絡会を定期的に開催しています。

CSR推進体制
CSR推進体制のイメージ図

<みずほ>のネットワーク

統合報告書

CSR動画「社会とともに、未来を描く」

CSRマネジメント

産業育成を通じたビジネス機会創出への取り組み

東京学芸大学との共同研究

グループ会社

ブランド戦略

ページの先頭へ
ページの先頭へ