ページの先頭です

CSRマネジメント

このページを印刷する

みずほフィナンシャルグループは、『<みずほ>の企業理念』をあらゆる活動の根幹をなす概念として制定し、この企業理念を実践する上で遵守すべき倫理上の規範として「みずほの企業行動規範」を定めています。

また、ステークホルダーに対して<みずほ>のCSRへの取り組み姿勢を明確化し、かつ社員が業務においてCSRを意識した取り組みを進めていくことを通じて『<みずほ>の企業理念』における<みずほ>のビジョン(目指すべき姿)の実現を目指すべく、「CSRへの取り組みに関する基本方針」の中に「CSRへの取り組みの基本的考え方」を示しているほか、環境やコンプライアンス、社会貢献などのそれぞれの分野においても、方針や基準等を定めて、グループ統一的に推進しています。

CSRへの取り組みの基本的考え方

<みずほ>は、CSRへの取り組みを、「グローバルな金融グループとして、社会的責任と公共的使命の重みを常に認識し、様々なステークホルダーの期待を踏まえて、活動基盤である社会との関わりにおいて責任を充分に果たす企業活動を実践すること」と定義しています。

そして、CSRへの取り組みが、「社会の持続可能な発展に寄与するものであり、さらには<みずほ>の新たな企業価値の創造と発展を実現する基盤になる」との考えのもと、CSRへの取り組みを企業行動の主軸と位置付けています。

取り組みにあたっては、「社会の持続可能な発展に貢献するビジネス推進の強化」「社会の期待に沿った活動を支える基盤の強化」「地域・社会のニーズを踏まえた社会貢献活動の推進」の3つのCSRの中長期取り組み方針、さらにそれを具体化したグループの年度取り組み方針を示し、グループ各社はこれに基づき各社毎の事業戦略に応じた方針を定めて、グループ一体で取り組んでいます。

また、グローバルな観点を踏まえたCSRを推進していくために、「国連グローバル・コンパクト」や「国連環境計画・金融イニシアティブ(UNEP FI)」、「持続可能な社会の形成に向けた金融行動原則」といった国内外のイニシアティブにも参加しています。

『<みずほ>の企業理念』と企業行動規範

『<みずほ>の企業理念』と企業行動規範について掲載しています。

CSRの中長期取り組み方針

<みずほ>のCSRの中長期取り組み方針について掲載しています。

年度CSR取り組み方針・計画・目標・実績

<みずほ>の年度のCSR取り組み方針、計画、目標および実績について掲載しています。

CSR推進体制

<みずほ>のCSR推進体制について掲載しています。

イニシアティブへの参加

<みずほ>が参加している国内外のイニシアティブについて掲載しています。

<みずほ>のネットワーク

統合報告書

CSR動画「社会とともに、未来を描く」

CSRマネジメント

産業育成を通じたビジネス機会創出への取り組み

東京学芸大学との共同研究

グループ会社

ブランド戦略

ページの先頭へ
ページの先頭へ