ページの先頭です

CSRの中長期取り組み方針

このページを印刷する

<みずほ>は、CSRに関する環境の変化等を踏まえて取り組み方針を定め、グループ一体でCSRへの取り組みを推進しています。

CSRの中長期取り組み方針

中長期取り組み方針 掲載ページ
社会の持続可能な発展に貢献するビジネス推進の強化
【本業】
  • 幅広い金融サービス機能を活かし、中長期的視点から実体経済を支えていくとともに、ステークホルダーの新たな期待に応え、社会の持続可能な発展に貢献するビジネスの推進を強化する。
社会の期待に沿った活動を支える基盤の強化
【基盤】
  • 広く社会とのコミュニケーションを図り、法令遵守に留まらず、社会の期待を踏まえた活動を組織全体で実践するための基盤を強化する。
地域・社会のニーズを踏まえた社会貢献活動の推進
【社会貢献】
  • 地域・社会のニーズを踏まえ、経営資源を活かした活動や地域・社会の発展に資する取り組みを推進する。

2016~2018年度グループCSR取り組み方針

新中期経営計画期間におけるCSRへの取り組みについての方針として、CSRの中長期取り組み方針と外部環境変化、<みずほ>の戦略を踏まえ以下の「2016~2018年度グループCSR取り組み方針」を策定しました。

『総合金融コンサルティンググループ』 ~お客さまと社会の持続的成長を支える課題解決のベストパートナー~を目指し、役職員一人ひとりが社会的責任と公共的使命を意識して日々行動することで、CSRへの取り組みを推進します。

  8つの重点的な取り組み
本業
  • 1.経済・社会を取り巻く構造的な環境変化*を踏まえた取り組みの推進
    (*少子高齢化・人口減少、グローバル化、技術革新、気候変動など)
    • グローバルな課題を踏まえた産業育成
      (環境・エネルギー、インフラ、健康、食糧など)
    • 地域経済活性化
    • 事業・資産承継、イノベーション企業支援
    • 国内金融資産活性化
    • 新たな技術を活用したビジネスの創造・革新
  • 2.責任ある投融資の推進
基盤
  • 3.グループ・グローバルベースでの経営基盤の強化
    • 強固なカルチャーの確立
    • リスクガバナンスの高度化
    • 強固なコンプライアンス態勢の構築
    • ITガバナンスと開発体制の強化
  • 4.多様な人材の活躍を推進する人事運営と戦略的な人材育成
  • 5.お客さま保護等管理、金融犯罪防止への取り組みの推進
  • 6.事業活動に伴う環境負荷低減の推進
社会貢献
  • 7.金融教育への取り組みの継続的推進
  • 8.地域・社会のニーズを踏まえた活動の推進

2016~2018年度グループCSR取り組み方針の策定プロセス

イメージ図

1. 外部環境分析

  • CSR・サステナビリティを取り巻く外部環境分析
  • 社会課題・金融業に求められるサステナビリティ課題の特定

(考慮した主な要素)

  • 国連「持続可能な開発目標(SDGs)」、パリ協定
  • 世界経済フォーラム「グローバルリスク報告書2016年版」
  • 政府の戦略・行政方針
  • 非財務情報開示に関するイニシアティブ、投資家・企業の動向等
  • 国際基準・ガイドライン(ISO26000、GRIガイドライン(G4)、SASBセクター別ガイドラインなど)

2. <みずほ>に対するステークホルダーの関心・評価・期待の確認

(考慮した主な要素)

  • お客さま:満足度調査結果等
  • 投資家:対話内容、ESG調査結果等
  • 社員:社員意識調査結果等
  • 社会:有識者とのダイアログ、NGOとのダイアログ内容等

3. <みずほ>のCSR推進における課題の整理

  • 外部環境分析とステークホルダーの関心・評価・期待を踏まえ、現状の取り組み状況を振り返り、推進体制、取り組み内容、コミュニケーションの3つの側面から<みずほ>のCSR推進における課題を整理。

4. <みずほ>の戦略を踏まえた方針策定

  • ビジネス部門等関連部署との意見交換を実施し、上記3の課題と新中期経営計画、CSRの中長期取り組み方針など、<みずほ>の戦略を踏まえ、「2016~2018年度グループCSR方針」を策定し、みずほフィナンシャルグループ(持株会社)のCSR委員会、経営会議での審議を経て、確定。

<みずほ>のネットワーク

統合報告書

CSR動画「社会とともに、未来を描く」

CSRマネジメント

産業育成を通じたビジネス機会創出への取り組み

東京学芸大学との共同研究

グループ会社

ブランド戦略

ページの先頭へ
ページの先頭へ