ページの先頭です

事業法人ユニット

このページを印刷する

幅広い金融機能の発揮と企業の成長戦略支援による日本経済への貢献

中堅・中小企業のお客さまの成長段階に応じて、資金供給や決済ソリューションへの対応のみならず、M&A、事業承継、海外進出支援等、お客さまの事業戦略・財務戦略等の幅広い経営課題に対する成長戦略支援を通じて、「銀行・信託・証券」一体となって多様なニーズにお応えしています。

企業のライフサイクルに応じた経営課題への対応
イメージ図

2015年度中間期実績

日本経済の緩やかな回復基調が続くなか、雇用環境や企業収益の改善がみられ、中堅・中小企業のお客さまの資金需要も徐々に高まっています。また、お客さまの金融ニーズは、多様化、高度化、グローバル化しており、<みずほ>としても最適なプロダクツやソリューションを提供することにより、経営課題の解決や企業価値の向上に向け貢献していく必要があります。

このような環境下、事業法人ユニットでは、資金供給機能の強化を軸とした顧客基盤の拡大とともに、お客さまの成長段階に応じた経営課題を把握のうえ、<みずほ>のアドバイザリー機能やコンサルティング機能をフルに活用し、お客さまの成長戦略支援への取り組みを積極的に推進しています。

具体的には、創業期・成長期にある将来有望な企業の早期発掘を強化し、ビジネスマッチング(顧客紹介)や「銀行・信託・証券」が一体となったIPO支援等に取り組んでいます。また、成熟期・転換期等の企業のライフサイクルに応じ、MBO、事業承継、新規事業参入、事業再編、海外進出等企業の経営課題としての成長戦略支援を行い、<みずほ>グループ一体となって高度な金融ソリューションの提供に努めています。

2015年度は、当ユニットにおける中期経営計画の柱と位置付けてきた「成長支援」に、法人・個人一体戦略の強化を加え、オーナー企業の成長戦略として、マーケットインの視点で、お客さまのライフサイクルに応じた経営課題に対し、営業部店、本部やグループ会社が一体となって向き合い、お客さまの企業価値向上に努めています。

法人・個人両面のニーズに対し、ソリューションの幅が広がるとともに、お客さまの多様な資金調達ニーズへの対応により、中堅・中小企業向け貸出金は、前年同期比で大きく増加しています。

事例(1)ビジネスマッチング

みずほ銀行では、お客さまのビジネスパートナーの出会いの場として、ビジネスマッチングフォーラムを開催しています。2015年8月には訪日外国人旅行者を対象としたビジネスの拡大支援を目的として、「ビジット・ジャパン(訪日旅行推進)」をテーマに開催し、約300件の商談が行われました。

写真

ビジネスマッチングフォーラムの開催風景

事例(2)IPO支援体制

「銀行・信託・証券」の3社共催で、上場を展望するお客さまとの活発な情報交換を目的として、2015年7月に未上場企業の交流会(「みずほ若葉会」)を開催し、約160社のお客さまに参加いただきました。

今後もグループ一体となって、お客さまのIPOをサポートし、日本の産業発展に貢献していきます。

写真

みずほ若葉会の様子

中小企業等貸出残高

中堅・中小企業のお客さまの幅広い成長資金ニーズに対し、積極的に対応しています。

棒グラフ

<みずほ>のネットワーク

トップメッセージ

新中期経営計画

事業ドメイン

沿革

Oneシンクタンク

グループ会社

ブランド戦略

ページの先頭へ
ページの先頭へ