ページの先頭です

海外での取り組み

このページを印刷する

<みずほ>は地域に密着したコミュニティの一員として、さまざまな形で地元の方々との交流を深めていくことが大切であると考えています。

こうした認識のもと、<みずほ>の海外各拠点では、地域の自治体やNPO法人などと協働して地域貢献活動に取り組むとともに、各拠点独自の活動も実践しています。今後も地域に根ざした各拠点の自主的な取り組みを推進していきます。

ヨーロッパ・中近東

店内オークションの収益金を児童救済慈善団体に寄付

写真

2014年3月26日、みずほ銀行デュッセルドルフ支店は、クリスマスパーティーで行った恒例のチャリティーオークションの収益金を、デュッセルドルフ在住の、支援を必要とする子どもたちのための慈善事業団体Dusseldorfer Kindertafelに寄付しました。今回の収益金は、750ユーロとなりました。

アジア・オセアニア

児童養護施設に飲料水を寄付

写真

2014年2月21日、みずほ銀行バンコック支店では、児童養護施設に飲料水2,000本を寄付しました。

スポーツ大会「Mizuho Games 2013」をサポート

写真

2013年12月、みずほ銀行バンコック支店は、タイ東北部のウボンラチャタニ県とチャイヤプーム県で開催されたスポーツ大会「Mizuho Games 2013」をサポートしました。

北米・中南米

「March for Babies チャリティーウォーク」に参加

写真

2013年4月28日、<みずほ>のニューヨーク支店の社員有志と家族、友人は、新生児向け医療の研究・開発を支援するMarch of Dimes が主催する「March for Babies チャリティーウォーク」に参加しました。<みずほ>の参加は今年で22年連続になります。

2013年度の活動一覧
2013年4月~2014年3月 地域のお年寄りのランチの手伝いや、子どもたちへの絵本の読み聞かせ等を、社員がランチタイムの時間を使って継続的に実施(みずほ銀行ニューヨーク支店)
2013年4月 地域に中古の本を50冊寄付(モスクワみずほ銀行)
2013年4月 チャリティウォーク「March of Dimes」に参加(みずほ銀行ニューヨーク支店)
2013年4月

写真

チャリティウォーク「March for Babies」に参加(みずほ銀行ニューヨーク支店)

2013年7月 チャリティレース「Standard Chartered Race」に参加(みずほ銀行ロンドン支店)
2013年8月~12月
  • 写真1
  • 写真2
  • 写真3

世界62拠点で「Mizuho Volunteer Day」を開催(みずほグループ17カ国62拠点:ニューヨーク、シカゴ、ロスアンゼルス、ヒューストン、アトランタ、トロント、バンクーバー、サンパウロ、ロンドン、ミラノ、上海、北京、武漢、大連、深セン、無錫、蘇州、天津、青島、広州、シドニー、ソウル、香港、台北、高雄、マニラ、ハノイ、ホーチミン、ムンバイ、ニューデリー、シンガポール、クアラルンプール、ラブアン、東京、大阪ほか日本国内23拠点)

2013年9月 洪水で被害を受けた子どもたちのために日用品等を寄付し、交流(みずほ銀行マニラ支店)
2013年10月 路上生活の子どもたちに対して、食べ物、飲み物、日用品、本などを寄付(インドネシアみずほ銀行)
2013年11月 オーストラリアの子どもたちの健康のために設立された基金に10,000オーストラリアドルを寄付(みずほ銀行シドニー支店)
2013年11月~12月 社員が、ホームレスの方や地域の子どもたち向けに感謝祭のディナーなどを提供
恵まれない方たちに128着のコートを寄付(みずほ銀行ニューヨーク支店)
2013年12月

写真

「Mizuho Games 2013」の運営をサポート(みずほ銀行バンコック支店)

2013年12月 恵まれない子どもたちのためにおもちゃを寄付(みずほ銀行ロスアンゼルス支店)
2014年1月 ベトコンバンクの社員とともに、地域の恵まれない家庭や子どもたちにプレゼントなどを実施(みずほ銀行ハノイ支店・ホーチミン支店)
2014年2月 児童養護施設に飲料水を寄付(みずほ銀行バンコック支店)
2014年2月 年賀状印刷費用の5%を台湾の福祉施設に寄付(みずほ銀行台中支店)
2014年2月 古くなったパソコンを地元の学校に寄付し、学校のパソコンルームを改修(みずほ銀行ハノイ支店)
2014年3月 地域のチャリティウォークに80人の社員とその家族が参加し、会社の寄付とあわせて43,656香港ドルを寄付(みずほ銀行香港支店)

<みずほ>のネットワーク

統合報告書

CSR動画「社会とともに、未来を描く」

CSRマネジメント

産業育成を通じたビジネス機会創出への取り組み

東京学芸大学との共同研究

グループ会社

ブランド戦略

ページの先頭へ
ページの先頭へ