ページの先頭です

みずほ福祉助成財団

このページを印刷する

概要

名称 公益財団法人みずほ福祉助成財団
英文名 Mizuho Welfare Foundation
設立 1980年11月1日
所在地 〒100–0011 東京都千代田区内幸町1–1–5 みずほ銀行内幸町本部ビル内
電話 03–3596–5633
FAX 03–3597–2137
基本財産 20億2,770万円
役員 理事長 山本 惠朗
専務理事 梶田 久敬
他理事8名、監事2名、評議員10名
事業内容
  1. 1.福祉に関する事業および研究に対する助成
  2. 2.障がい者の勉学のための育英資金給付
  3. 3.社会福祉向上に資する車輌および機器の贈呈
  4. 4.その他当法人の目的を達成するために必要な事業


主として、障がい児者の福祉向上を目的に次の事業を行っています。

  1. 1.社会福祉助成金事業
  2. 2.盲学生点訳介助事業
  3. 3.電動車椅子贈呈事業
  4. 4.福祉車輌贈呈事業
ウェブサイト http://homepage3.nifty.com/mizuhofukushi/
  • *当財団は2012年4月1日に公益財団法人に移行しました。

(2015年4月1日現在)

トピックス

2014年度は以下の公益目的事業を実施し、合計5,960万円の助成、贈呈および給付を行いました。

社会福祉事業および研究に対する助成

障がい児者に関わる事業および研究について、一般公募を行い、選考の上、助成金を贈呈しています。2014年度は、障がい児者福祉施設や障がい児者団体などの53案件に事業助成金を、研究会など4案件に研究助成金を各々交付しました。

写真1

写真2

写真3

写真4

盲学生点訳介助費の給付

視覚に障がいがある大学生の勉学を支援するため、教科書、参考図書等の点訳・朗読等に要する費用を給付しています。2014年度は、5名の奨学生に点訳介助費を給付しました。

写真

電動車椅子の贈呈

障がい児者の生活圏の拡大と、より積極的な社会参加を願って、障がい児者福祉施設へ電動車椅子を贈呈しています。2014年度は一般公募を行い、選考の上、7施設に7台を贈呈しました。

写真

福祉車輌の贈呈

みずほフィナンシャルグループ役職員の寄付金「みずほ社会貢献ファンド」を基に、各地自治体の推薦を受けた障がい児者福祉施設へ福祉車輌「みずほ号」を贈呈しています。2014年度は、4県の4施設に4台を贈呈しました。

写真

<みずほ>のネットワーク

統合報告書

CSR動画「社会とともに、未来を描く」

CSRマネジメント

産業育成を通じたビジネス機会創出への取り組み

東京学芸大学との共同研究

グループ会社

ブランド戦略

ページの先頭へ
ページの先頭へ