ページの先頭です

みずほ学術振興財団

このページを印刷する

概要

名称 公益財団法人みずほ学術振興財団
英文名 Mizuho Foundation for the Promotion of Sciences
設立 1957年12月4日
所在地 〒104–0028 東京都中央区八重洲2–4–1 ユニゾ八重洲ビル7階
電話 03–3275–1571
FAX 03–3275–1603
基本財産 3億1,000万円
役員 理事長 池田 輝三郎
常務理事 川井 敦
他理事5名、監事2名、評議員7名
事業内容
  1. 1.工学研究助成事業
  2. 2.懸賞論文事業
  • *当財団は2013年4月1日に公益財団法人に移行しました。

(2016年6月7日現在)

トピックス

2016年度第59回工学研究助成金の助成先並びに第57回懸賞論文入選状況は、以下のとおりです。

第59回 工学研究助成金 助成先:5大学11件

大学名 研究分野 研究題目
東京大学 知能機械情報学 熱伝導情報により積層構造の厚み分布を計測するMEMS熱伝導センサに関する研究
京都大学 無機材料化学 ケイ酸塩ガラス融液のソレー効果の解明
京都大学 地盤工学・耐震工学 mX線CTを用いた補強材引抜け時におけるダイレイタンシー特性の可視化
京都大学 マイクロエンジニアリング 組織間をつなぐ血管網を用いた癌転移のSeed and Soil説の検証
東京工業大学 都市・地域計画、交通計画、環境計画 都市圏全体でのコンパクトシティ実現による物流効率化の定量的評価
東京工業大学 高分子合成、有機化学 高分子鎖の運動を鍵とする可逆的開閉可能な微細孔薄膜の創成
東京工業大学 有機金属化学 水素を用いない芳香族フッ素化化合物の触媒的脱フッ素化還元プロセスの開発
早稲田大学 材料力学、材料強度学、破壊力学 CFRTPとアルミニウム合金のバイオインスパイアードナノ構造界面接合技術の開発
早稲田大学 結晶光学 銅酸化物高温超伝導体Bi2Sr2CaCu2O8+xにおける空間・時間反転対称性の破れの検証
慶應義塾大学 タンパク質化学・病理化学 「薬剤シード」によるタンパク質のアミロイド化誘起現象と神経変性疾患の発症危険性
慶應義塾大学 コロイド・界面化学 ジャイアントベシクルを利用したグリーンレメディエーション材料の開発

第57回懸賞論文入選状況

【法律の部】

  • 1等:該当なし
  • 2等:1名
  • 3等:2名
  • 佳作:4名

【経済の部】

  • 1等:2名
  • 2等:該当なし
  • 3等:3名、共同執筆1組
  • 佳作:該当なし

写真

工学助成

第58回懸賞論文募集中

応募資格

35歳以下(2016年9月末時点)

締切

2017年1月10日必着
応募いただく方は、当財団に「募集要項」を請求の上、必ず詳細をご確認ください。
電話:03–3275–1571

論題

各部とも1題選択

【法律の部】

  • 「相続法の改正」(民法)
  • 「免責条項」(民商共通)
  • 「監査等委員会設置会社」(商法)
  • 「自由論題」(応募資格:学生限定)

【経済の部】

  • 「日本の財政政策を問う」
  • 「マイナス金利政策の評価」
  • 「アベノミクスに伴う円相場の変化と日本経済」

学術奨励金

  • 1等50万円
  • 2等30万円
  • 3等15万円
  • 佳作7万円

<みずほ>のネットワーク

統合報告書

CSR動画「社会とともに、未来を描く」

CSRマネジメント

産業育成を通じたビジネス機会創出への取り組み

東京学芸大学との共同研究

グループ会社

ブランド戦略

ページの先頭へ
ページの先頭へ