ページの先頭です

成人の日コンサート

このページを印刷する

成人の日を祝うコンサートを開催

みずほフィナンシャルグループは、毎年、成人の日に「成人の日コンサート」を開催しています。これは、若手アーティストの支援と、次世代を担う青少年層へのクラシック音楽の普及を目的として1990年から始まったイベントであり、若手アーティストを起用するとともに、新成人75組150名を招待しています。

2016年は、「スペインのスケッチ スペイン文化、芸術への敬意」をテーマに開催しました。

第1部は、山根一仁さん(バイオリン)と、上野通明さん(チェロ)によるヘンデル「パッサカリア」と、土方憲人さん、大塚千津子さんらによる「フラメンコ」を上演しました。第2部は、ビゼー歌劇「カルメン」のハイライトを音楽物語として、高関健さんの指揮による新日本フィルハーモニー交響楽団の演奏と、東京シティ・フィル・コーアの合唱で、鈴木壮麻さん、林美智子さん、田代万里生さん、坂下忠弘さん、盛田麻央さん、藤井冴さん、下園理恵さんによって上演されました。

また、コンサートを開催すると共に、東日本大震災の復興支援の一環として「芸術文化を通じた次世代支援」に関わる次の活動に寄付をしました。

  • 公益社団法人企業メセナ協議会が立ち上げた「東日本大震災芸術・文化による復興支援ファンド:GBFund」*の助成先の活動。
  • *GBFund(東日本大震災芸術・文化による復興支援ファンド):2011年3月23日に公益社団法人企業メセナ協議会が立ち上げた芸術・文化による復興支援ファンド。趣旨に賛同する寄付者とともに、被災者・被災地を応援する目的で行われる芸術・文化活動や、被災地の有形無形の文化資源を再生する活動を支援する

写真1

バイオリンとチェロの二重奏
撮影 (C):k.Miura

写真2

フラメンコ
撮影 (C):k.Miura

写真3

オペラ
撮影 (C):k.Miura

<みずほ>のネットワーク

統合報告書

CSR動画「社会とともに、未来を描く」

CSRマネジメント

産業育成を通じたビジネス機会創出への取り組み

東京学芸大学との共同研究

グループ会社

ブランド戦略

ページの先頭へ
ページの先頭へ