ページの先頭です

人権尊重への取り組み方針

このページを印刷する

<みずほ>は、人権尊重の精神にあふれた企業風土を築き上げるため、グループ各社で人権啓発に取り組んでいます。

企業行動規範の基本方針として「人権の尊重」を掲げ、性別・国籍・人種・民族・宗教・障がいの有無などのいかなる理由をもってしても、差別やハラスメントを行わないことを明記しています。

また、「世界人権宣言」や国際労働機関(ILO)の「労働における基本原則および権利に関する宣言」などの人権や労働に関する普遍的な原則を支持し実践する「国連グローバル・コンパクト」の人権・労働・環境・腐敗防止等に関する自主行動原則に賛同して署名しているほか、国際連合の「ビジネスと人権に関する指導原則」やISO26000といったさまざまな国際規範を参照して取り組みを推進しています。

みずほの企業行動規範 基本方針「人権の尊重」

お客さま、役員および社員をはじめ、あらゆる人の尊厳と基本的人権を尊重して行動するとともに、人権尊重の精神に溢れた企業風土を築き上げます。

今日、人権の尊重は世界共通の行動基準です。いかなる理由(性別・国籍・人種・民族・宗教・障がいの有無など)をもってしても、差別・ハラスメント(いやがらせ)を自らが行わないこと、そして他人がすることを許さないという意識を強く持つことが求められています。さらに、様々な個人の情報と接する機会の多い私たちが、プライバシーの保護に十分注意することは当然のことです。

また、人権尊重の基本的な考え方は、互いに人間として敬意を払い、「常に相手の立場に立って考え、行動する」ということです。私たちがこのことを常に意識して行動することは、<みずほ>を生き生きとした働きやすい職場とし、また、お客さまからの信頼を得るベースとなる極めて大切なものです。

私たちは高い人権意識を持ち、あらゆる人の人権を尊重して行動することを忘れてはなりません。このような認識に基づき、<みずほ>は人権啓発推進委員会を設置し、重要な経営課題の一つとして、社員一人ひとりの人権意識を高めることに積極的に取り組みます。

<みずほ>のネットワーク

統合報告書

CSR動画「社会とともに、未来を描く」

CSRマネジメント

産業育成を通じたビジネス機会創出への取り組み

東京学芸大学との共同研究

グループ会社

ブランド戦略

ページの先頭へ
ページの先頭へ