ページの先頭です

社員への環境啓発活動

このページを印刷する

社員参加型の環境活動プログラム「環境キャンペーン」の実施

<みずほ>は、社員とその家族一人ひとりが環境に配慮した活動に積極的に取り組むような風土づくりをめざし、2008年度よりグループ10社の社員、役員、臨時従業員などを含む国内の全従業員を対象に社員参加型の環境活動プログラム「環境キャンペーン」を実施しています。

2015年度は、「気候変動対策」をテーマとした「<みずほ>のエコアクション宣言」や森づくりボランティアなどの社員参加型の環境啓発活動を実施し、一人ひとりが身近にできる環境への取り組みを推進しました。

今後も、<みずほ>で働く従業員が、持続可能な社会を目指しオフィスや家庭で環境に配慮した行動ができるように継続的に啓発活動を実施していきます。

<みずほ>のエコアクション宣言

「<みずほ>のエコアクション宣言」は、社員一人ひとりが身近に取り組む環境への配慮行動を宣言するとともに、宣言への参加者20人につき1本の苗木を寄付するものです。

2015年度は、「気候変動対策」に関する取り組みの宣言に54,556人の社員が参加しました。

この参加を受け、被災地(宮城県名取市)の「海岸林再生プロジェクト*1」や大阪府「みどりの風促進区域*2」をはじめ、グループ各社の部店を通じて地域の学校等に合計2,728本の苗木を順次寄付しています。

  • *1宮城県名取市を中心に津波で壊滅状態になった海岸林の再生に向け、植樹する苗木の育成および生産者を支援する10カ年計画のプロジェクト
  • *2大阪府において、みどりの創出とヒートアイランド現象緩和に向け、官民一体となった緑化の取り組みを促進する区域
<みずほ>のエコアクション宣言の実施結果
テーマ 宣言への参加者数 苗木の寄付本数
2015年度「気候変動対策」

2015年度リーフレットのイメージ図
拡大図

54,556人 2,728本
2014年度「気候変動対策」

2014年度リーフレットのイメージ図
拡大図

52,648人 2,632本
2013年度「家庭の節電」

2013年度リーフレットのイメージ図
拡大図

52,756人 2,638本
2012年度「オフィスと家庭の節電」

2012年度リーフレットのイメージ図
拡大図

50,940人 2,547本
2011年度「家庭の節電」

2011年度リーフレットのイメージ図
拡大図

36,480人 1,824本
2010年度「生物多様性の保全」

2010年度リーフレットのイメージ図
拡大図

28,490人 1,424本
2009年度「オフィスにおける環境への取り組み」

2009年度リーフレットのイメージ図
拡大図

22,458人 1,122本
2008年度「家庭におけるCO2削減の取り組み」

2008年度リーフレットのイメージ図
拡大図

15,518人 775本

写真1

青梅上成木森林環境保全地域(東京都)における植樹活動

写真2

中央環状線沿道(大阪府)における植樹活動

森づくりボランティア活動

地球温暖化防止および生物多様性保全の観点から、植樹や間伐を行う森づくりのボランティア活動を実施しています。

整備が不十分な森を守り育てる活動として、東京都の緑地保全プログラム(東京グリーンシップアクション)に2007年度から参加しています。2015年度は、社員とその家族43人が、青梅上成木森林環境保全地域(東京都青梅市)におけるボランティア活動に参加し、「<みずほ>のエコアクション宣言」の宣言数に基づき寄付した苗木の植樹作業や間伐作業を行いました。

また、「海の森」(東京都)の植樹ボランティア活動に社員とその家族81人が参加し、600本近い苗木を植樹しました。

写真1

青梅上成木森林環境保全地域(東京都)における間伐活動

写真2

海の森(東京都)における植樹活動

<みずほ>のネットワーク

統合報告書

CSR動画「社会とともに、未来を描く」

CSRマネジメント

産業育成を通じたビジネス機会創出への取り組み

東京学芸大学との共同研究

グループ会社

ブランド戦略

ページの先頭へ
ページの先頭へ