ページの先頭です

ファイナンス

このページを印刷する

地球環境保全への取り組みが国内外で活発化するなか、企業は環境に配慮した取り組みを積極的に推進しています。<みずほ>では、こうした取り組みを金融面からサポートすることが、金融機関としての社会的な使命だと考えています。

こうした考えのもと、みずほ銀行では、環境配慮型融資商品「みずほエコアシスト」や「みずほエコアシスト<プラス>」など、環境に配慮した取り組みを推進する中堅・中小企業のお客さまを金融面からサポートするための商品を用意するとともに、太陽光発電や太陽熱発電、風力発電などの環境関連プロジェクトファイナンスを実施するなど、さまざまな取り組みを行っています。

みずほ銀行の環境関連ファイナンス実績
  2014年3月末 2015年3月末
件数 残高
(百万円)
件数 残高
(百万円)
環境プロジェクト関連融資*1 128 329,685 201 519,597
うち風力発電 39 120,356 48 196,674
うち太陽光発電 54 107,654 113 193,512
うち太陽熱発電 6 47,790 6 45,685
うちバイオマス発電 2 1,269 2 1,900
うち地熱 1 1,250 1 1,500
うち水力発電 2 696 3 803
うち廃棄物適正処理・リサイクル事業 11 17,745 11 22,384
うちその他 13 32,926 17 57,139
環境配慮型融資*2 733 78,718 716 63,758
オール電化住宅ローン 2,030 46,112 1,935 42,565
エコ住宅へのリフォーム時の「みずほ銀行リフォームローン」 110 176 109 154
エコカー購入時の「みずほ銀行新車ローン」 261 332 269 310
合計 3,262 455,023 3,230 626,384
  • *1集計対象は、国内外で実施した環境関連プロジェクトファイナンスおよび、国内で実施した環境関連ABL(動産・債権担保融資)です。
  • *2「みずほエコ私募債」「みずほ私募債<プラス>」を含みます。

お客さまの環境経営の進展をサポートする環境配慮型融資商品等を提供

みずほ銀行では、「環境に配慮する経営を行っている」または「環境問題に前向きな取り組みを行おうとしている」企業、「環境良化・改善を目的とする設備投資を行う」企業の運転資金・設備資金ニーズに対応し、所定の金利より引き下げた金利を適用する環境配慮型融資商品「みずほエコアシスト」環境配慮型社債商品「みずほエコ私募債」を提供しています。

2011年3月からは、お客さまの環境配慮型経営の状況を、<みずほ>独自の評価基準である「みずほエコグレード」により評価し、評価結果に応じた融資・発行条件の設定を行う環境配慮型融資商品「みずほエコアシスト<プラス>」環境配慮型社債商品「みずほエコ私募債<プラス>」を提供しています。

「みずほエコグレード」は、お客さまの環境配慮型経営を評価するシステムとしてみずほ情報総研が開発した<みずほ>独自の評価基準であり、企業の環境力を「リスク」と「チャンス」の両面で評価する点や、3カ年フォローアップすることで企業の継続的な環境への取り組みを評価する点などが特徴です。

蓄積されたノウハウ等を活用し、環境関連プロジェクトファイナンスを積極的に実施

「地球温暖化防止」や「省エネルギー推進」を目的とした利子補給金交付事業に対応

みずほ銀行は、環境省の「環境配慮型融資促進利子補給金交付事業」および「環境リスク調査融資促進利子補給事業」、経済産業省資源エネルギー庁の「エネルギー使用合理化特定設備等導入促進事業費補助金」に対応した融資を提供しています。これらの利子補給金交付事業は、地球温暖化防止のための設備投資や省エネルギー設備導入など、環境に配慮した設備投資や、事業が及ぼす環境影響に関する調査等に係る融資を対象に、一定の条件のもと、国などから利子補給金を受けることができる制度です。みずほ銀行では、「環境リスク調査融資促進利子補給事業」への融資の際には、環境リスクのデューデリジェンスも実施しています。このような環境省や経済産業省資源エネルギー庁の利子補給金交付事業に対応する融資を提供し、地球温暖化防止や省エネルギー推進に取り組む企業を支援しています。

「みずほメガソーラーファンド」を設立

みずほ銀行は、太陽光発電事業におけるフロントランナーとして数多くの案件に携わってきた知見を生かし、国内の太陽光発電事業におけるエクイティニーズに対応するため、「みずほメガソーラーファンド」を設立しています。

個人のお客さまのローン利用などを通じた環境貢献の仕組みを提供

みずほ銀行は、個人のお客さまの環境保全への取り組みを支援するために、従来から太陽光発電など環境配慮型住宅へのリフォームおよび新築・新規購入、ハイブリッド自動車などのエコカー購入などを対象としたローン金利の引き下げを実施してきましたが、2010年からは、金利特典に加え、対象のローン契約1件ごとに1.4トン相当のCO2排出権(国内クレジット等)を<みずほ>が購入して国に寄付する新たな取り組みを実施しました。

みずほ銀行のローンをご利用いただくことで、エコ住宅やエコカーの活用による環境貢献に加え、「J–クレジット制度*(国内クレジット制度)」の活性化を通じた日本企業による環境活動の積極的な取り組み、そして日本のCO2排出削減目標の達成にも貢献できる仕組みです。

  • *2013年、国内クレジット制度とJ–VER制度が統合

<みずほ>のネットワーク

統合報告書

CSR動画「社会とともに、未来を描く」

CSRマネジメント

産業育成を通じたビジネス機会創出への取り組み

東京学芸大学との共同研究

グループ会社

ブランド戦略

ページの先頭へ
ページの先頭へ