ページの先頭です

環境・エネルギー分野の政策支援

このページを印刷する

環境問題への意識が地球規模で高まるなか、企業だけでなく、個人や自治体など、あらゆる立場において環境への配慮が求められるようになっています。それら各々の活動を、我が国の目標と整合をもって効果的に推進できる仕組みを構築するために、また、国際関係のなかで我が国の目標を実現するために、環境問題に関連するさまざまな政策が検討されています。

みずほ情報総研では、基礎的なデータ収集、分析、調査研究から政策形成の支援まで、官公庁のお客さまの環境・エネルギー分野の政策を広範囲にわたってサポートしています。

低炭素社会へ向けた政策をサポート

地球温暖化の影響を許容できる範囲に抑えるためには、温室効果ガス排出の大幅削減に向けて長期にわたるたゆまぬ努力が求められます。みずほ情報総研は、地球温暖化対策を定量的に評価・分析する手法を研究機関と共同で開発しており、日本やアジア地域における低炭素社会の実現に向けた削減目標検討や対策・施策ロードマップの策定を支援しています。また、J—クレジット制度や温暖化対策税など低炭素社会への移行のための制度構築や、二国間クレジット(JCM)に資する案件形成も支援しています。

エネルギ―政策をサポート

エネルギー政策においては、エネルギーの安定供給から温室効果ガスの削減まで幅広い問題に対応していく必要があります。みずほ情報総研は、安定供給に関する国内外の需給動向分析や省エネルギーや再生エネルギーに関する政策立案支援を行っています。また、再生可能エネルギーの普及に関する各種分析をはじめ、国際エネルギー機関(IEA)における太陽光発電関連プロジェクトの推進や、各種エネルギーの技術開発動向の調査を行い、技術開発や普及促進の観点から政策立案のサポートをしています。

化学物質管理政策をサポート

化学物質管理政策の国際的な潮流に対応するように、国内においても、化学物質審査規制法が改正されるなど大きな変化が生まれています。化学物質管理はすべての産業や人の生活に関連する幅広い課題であり、社会的にも大きな影響を及ぼすテーマです。みずほ情報総研では、化学物質審査規制法改正に基づくリスク評価の実施支援、製品中に含まれる化学物質のモニタリング結果を活用したリスク評価、環境中への化学物質排出量削減方法およびその効果の検討、サプライチェーンにおける安全性情報伝達のためのデータベースシステム構築支援など、幅広く化学物質管理政策をサポートしています。

循環型社会の形成に向けた政策をサポート

大量生産・大量消費型の経済活動は、大量の廃棄物を排出するだけでなく、大量の資源利用に伴って、温室効果ガスや有害化学物質などの環境負荷物質の排出、天然資源の枯渇、大規模な資源の採取に伴う自然環境の破壊など、様々な環境・資源問題とも密接に関係しています。そこで、我が国では、「循環型社会形成推進基本計画」を策定して、天然資源の消費を抑制するとともに環境への負荷をできる限り減らした「循環型社会」の形成を目指した施策を総合的・計画的に推進しています。みずほ情報総研では、同計画の改定・進捗評価のサポート、世界レベルから国内地域レベルまでの様々なレベルでの資源利用・廃棄物排出構造のモデル分析、循環型社会形成に向けた国内外の各種法制度等に関する調査などを通じて、循環型社会の形成に向けた政策を総合的にサポートしています。

<みずほ>のネットワーク

統合報告書

CSR動画「社会とともに、未来を描く」

CSRマネジメント

産業育成を通じたビジネス機会創出への取り組み

東京学芸大学との共同研究

グループ会社

ブランド戦略

ページの先頭へ
ページの先頭へ