ページの先頭です

少子高齢社会への取り組み

このページを印刷する

<みずほ>は、少子高齢社会を迎えた日本が向き合うさまざまな課題に対し、金融サービスを通じた取り組みを強化しています。

<みずほ>ハートフルビジネス

みずほ銀行は、法人や個人のお客さまのバリアフリー化・ユニバーサルデザイン化への取り組みをサポートする「<みずほ>ハートフルビジネス」を展開しています。<みずほ>では誰にでも利用しやすい銀行を目指して、2005年11月から銀行のバリアフリー化・ユニバーサルデザイン化を追求する「ハートフルプロジェクト」を推進していますが、「<みずほ>ハートフルビジネス」は、こうした対応を社会全体で取り組んでいくために2010年度から開始した取り組みです。

法人のお客さまに対しては、ハートフル企業*向けに「みずほハートフルローン」「みずほハートフル私募債」を提供しています。2015年3月末時点での「みずほハートフルローン」と「みずほハートフル私募債」の累計実行件数は2,068件、残高は91,386百万円になります。

また、ご高齢・障がいのある方がより暮らしやすくなるための産業育成をめざし、高齢者向けビジネスを展開するお取引先のサポートとして、異業種連携の構築をはじめとしたビジネスマッチングを実施しています。「高齢者向けビジネス」をテーマとした商談会型の「ビジネスマッチングフォーラム」をこれまでに5回開催するとともに、個別商談を随時実施しています。

個人のお客さまに対しては、ゆとりあるセカンドライフのための「マネープラン」のご相談にのっているほか、ご自宅のバリアフリー化に対応する「リフォームローン」などを提供しています。

  • *ハートフル企業
    • ご高齢・障がいのある方の生活向上に繋がる商品・サービスを提供している企業
    • ご高齢・障がいのある方を積極的に雇用し、職場環境の改善を図っている企業
    • 多様な働き方を認め、誰にとっても働きやすい職場づくりを図っている企業

2013年3月には、「ハートフルプロジェクト」とそれを発展させた「<みずほ>ハートフルビジネス」の取り組みが、金融機関の自主的なイニシアティブとして策定された「持続可能な社会の形成に向けた金融行動原則(21世紀金融行動原則)」における預金・貸出・リース部門のグッドプラクティスに選定されました。これは、自社におけるバリアフリー化やユニバーサルデザイン化の取り組みに加え、金融商品やサービスの提供を通じた社会の高齢化対応推進に向けた取り組みが同業他社から評価されたものです。

写真

ビジネスマッチングフォーラムの様子

ダイバーシティ推進への取り組み

労働力人口の減少やグローバル化などに対応するために、多様な人材を活用し、ダイバーシティを推進することは、経済社会の活性化に必要不可欠であり、企業の重要な経営課題となっています。

みずほ情報総研は、国などの委託を受け、ダイバーシティ推進のための、多様な働き方や女性・高齢者・障がい者等の活躍推進に関わる各種調査研究を実施しています。

お客さまの円滑な財産承継をサポート

みずほ信託銀行では、信託の機能を活かして財産を円滑に次世代に引き継ぐことで、お客さまに安心していただくためのサポートをしています。具体的には主に以下のようなサービスを提供しています。

また、相続や遺言についての知識やノウハウを広く知っていただくために、各地で相続・遺言セミナーを開催しています。

高齢化社会に関する特集

写真

相続・遺言セミナーの様子

調査・研究を通じた取り組み

みずほ情報総研は、少子・高齢化社会に対する豊富な知見を活かして、さまざまな調査・研究活動を実施しています。具体的には、「老人保健健康増進事業」(厚生労働省)などの国の調査・研究事業を実施・受託したほか、コラムやレポートなども多く発表しています。

<みずほ>のネットワーク

統合報告書

CSR動画「社会とともに、未来を描く」

CSRマネジメント

産業育成を通じたビジネス機会創出への取り組み

東京学芸大学との共同研究

グループ会社

ブランド戦略

ページの先頭へ
ページの先頭へ