ページの先頭です

<みずほ>の強み(企業理念・ブランド)

このページを印刷する

厚い顧客基盤(ATMネットワークを除き、2016年6月末現在)

国内

メガバンクで唯一、全都道府県に支店を展開し、ATMでもNo.1のネットワーク※1を確立

国内店舗ネットワーク約800店舗 うち、銀行・信託・証券共同店舗約190拠点 ATMネットワーク※2約6,700拠点 個人顧客2,400万 証券総合口座数165万 中堅・中小企業等融資先10万先 本邦上場企業カバレッジ7万

  • ※1メガバンクそれぞれの銀行における、自行ATMと、それと同様の会員制サービスの手数料水準で利用できるATMの拠点数がNo.1
  • ※2みずほ銀行ATM約1,800拠点、イオン銀行ATM約4,900拠点(2016年3月末現在)

海外

成長が続くアジアを中心に海外拠点を広く展開

海外ネットワーク38の国と地域に117拠点 欧州・中近東・アフリカ24拠点 アジア・オセアニア54拠点 北米・中南米39拠点 Forbes Global 200※カバレッジ(非日系先)8割 

  • Forbes Global 2000のうち上位200社(除く金融機関)

高度なプロダクツ力

最適なソリューションの提供による、各分野における高い実績

イメージ図

邦銀随一の産業知見

業界・企業への深い理解・知見を蓄積するみずほ銀行産業調査部は、「アナリスト機能」、「ストラテジスト機能」、「コーポレートファイナンス支援機能」を融合し、グローバルかつ総合的なソリューションを提供しています。

2016年4月からは「Oneシンクタンク」として、グループ内のリサーチ・コンサルティング機能とこれまで以上に連携し、お客さまのさまざまな課題の解決に取り組みます。

アナリスト機能 国内外の産業動向に関する幅広い業種知見の提供 ストラテジスト機能 業種知見を背景とした事業戦略策定サポート、政策提言 コーポレートファイナンス支援機能 財務・経営戦略の策定サポート

情報発信

イメージ図

産業に関する幅広い視点から作成される「みずほ産業調査」、マクロ経済の動向から産業の構造変化、個別分野の動きに至るまで包括的に分析した「MIZUHO Research & Analysis」等各種調査レポートを刊行。

<みずほ>のネットワーク

トップメッセージ

新中期経営計画

事業ドメイン

沿革

Oneシンクタンク

グループ会社

ブランド戦略

ページの先頭へ
ページの先頭へ