ページの先頭です

内部管理態勢

<みずほ>における3つの防衛線

基本的な考え方

みずほフィナンシャルグループでは、2015年7月にバーゼル銀行監督委員会により、改訂版が公表された「銀行のためのコーポレート・ガバナンス諸原則」において示されている「3つの防衛線」の考え方に則り、業務運営部門における自律的統制に加え、コンプライアンス所管部署・リスク管理所管部署によるモニタリング等にて牽制機能を確保しています。また、業務運営から独立した業務監査委員会のもとで内部監査グループに属する内部監査所管部署が業務運営部門ならびにコンプライアンス所管部署・リスク管理所管部署等に対し内部監査を実施することで、内部管理の適切性・有効性を確保しています。

内部統制の仕組み
イメージ図

<みずほ>における「3つの防衛線」の定義

1線 自律的統制機能
規程や手続き、リスクアペタイトに基づき、日々の業務を遂行するとともに、業務遂行時に自部署もしくは営業部店・本部で発生するリスク・コンプライアンスに関して、リスクオーナーとして第一義的責任を有し、自律的な統制活動(リスク等を特定、評価、管理・コントロール)を行う責任を有する。
2線 リスク管理・コンプライアンス機能
1線が行うリスク・コンプライアンスの自律的統制活動を監視(モニタリング)・測定・評価するとともに、リスク・コンプライアンスの統制に係る基本方針等を策定・推進する責任を有する。
3線 内部監査機能
1線・2線から独立し、1線・2線の活動を評価・検証するとともに、課題解決のための助言・ 是正勧告等を行う責任を有する。

コンプライアンス(法令等遵守)

コンプライアンスについての基本的な考え方、運営体制、コンプライアンス活動等を掲載しています。

お客さま保護等管理

お客さま保護等管理の基本的な考え方や概要について掲載しています。

内部監査態勢

<みずほ>の内部監査の基本的な考え方、運営体制を掲載しています。

<みずほ>のネットワーク

トップメッセージ

新中期経営計画

事業ドメイン

沿革

Oneシンクタンク

グループ会社

ブランド戦略

ページの先頭へ
ページの先頭へ