ページの先頭です

このウィンドウを閉じる

株式会社みずほフィナンシャルグループ
みずほ信託銀行株式会社

シンプレクス不動産投資顧問株式会社および株式会社シンプレクス・リート・パートナーズの株式取得(子会社化)について

株式会社みずほフィナンシャルグループ(執行役社長:佐藤 康博)の子会社であるみずほ信託銀行株式会社(取締役社長:中野 武夫、以下「当行」)は、ヒューリック株式会社(代表取締役社長:西浦 三郎、以下「ヒューリック」)との間で、ヒューリックが2015年11月30日付で取得予定のシンプレクス不動産投資顧問株式会社(代表取締役:塚田 清彦、以下「SRM」)および株式会社シンプレクス・リート・パートナーズ(代表取締役 勝野 浩幸、以下「SRP」)の全ての発行済株式を2015年12月15日を目途に取得することについて本日合意しました*

また、SRPが資産運用会社を務めるSIA不動産投資法人(以下「SIAリート」)の投資口11,265口(発行済投資口総数の15%)についても同様にヒューリックから取得すること(SRM・SRPの株式、SIAリートの投資口の取得を総称して以下「本件取得」)を本日合意しました。

  • *関係当局の認可等を前提とし、新設の当行完全子会社が取得。

1.本件取得の目的

当行は、今後更に拡大が見込まれる不動産アセットマネジメント分野における運用力の強化と取り組み領域の拡大を狙いとして、不動産私募ファンドの運用会社であるSRMとSIAリートの資産運用会社であるSRPを当行の子会社とすることとしました。

当行は、SRMおよびSRPが培ってきた不動産アセットマネジメント業務に関する豊富なノウハウを活かし、高い専門性を一層発揮できるよう体制整備に努めてまいります。また、当行の信用力、情報力、案件創出力等を活かして、財務基盤・成長基盤の強化をサポートし、さらに大きく成長していくことを目指してまいります。

本件は、<みずほ>の重点事業分野であるアセットマネジメントビジネスの強化にも資するものであります。また、SIAリートの新たなスポンサーとなることで、J–REIT市場の継続的な発展に貢献していきたいと考えております。

2.本件取得に係る日程

2015年10月28日
2015年12月15日(目途)

本件取得に係る売買契約の締結
関係当局からの必要な認可等の取得を前提に本件取得実行予定

3.取得スキーム(関係当局の認可等を前提)

画像

4.子会社化する法人の概要

(1)名称 シンプレクス不動産投資顧問株式会社 株式会社シンプレクス・リート・パートナーズ
(2)所在地 東京都千代田区霞が関 3–3–2 東京都千代田区霞が関 3–3–2
(3)代表者 代表取締役会長兼社長 塚田 清彦 代表取締役社長 勝野 浩幸
(4)事業内容 不動産投資顧問業 投資法人資産運用業
(5)資本金(2015年3月末現在) 1億円 5,000万円
(6)設立年月日 2007年9月10日 2005年7月1日
(7)資産運用(2015年6月末現在) 767億円 743億円
(8)直近業績(2015年3月期)
売上高(百万円) 1,839 347
経常利益(百万円) 1,310 66
当期純利益(百万円) 983 43
1株当たり当期純利益(円) 491,925 1,913
総資産(百万円) 1,685 469
純資産(百万円) 1,279 406

以上

ページの先頭へ
ページの先頭へ